レンタサイクル始めました。
自転車はTOKYOBIKE26(濃紺)とTOKYOBIKEBISOU26(薄青)の2台だけです。
午前8時~午後6時営業(受付終了午後4時)。料金は4時間500円、8時間1000円です。
お問い合わせはjq1soaアットマークcc9.ne.jp、もしくは090-1858-1603までどうぞ。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

昨日は朝から蒸してました。寝苦しくて起きたのがちょっと早かったのですが、窓越しに見る朝日が妙に印象的だったので、思わず1枚撮ってしまいました。DSCN0982
霞のある、夏独特の晴れ空ですね。小学校の頃の夏休みですが、朝早く起きて近所の通学班の子供たちと一緒にラジオ体操をやった記憶が未だに強いのですが、それを思い出させるのに十分なほどシンクロしてました。今から40年以上前の話になってしまいますが、当時は暑いと言ってもせいぜい30℃くらいだったという記憶があります。今はプラス5℃が普通ですからね、ここ館林は。歳とって体力が落ちているところに猛暑となると、正直きついものがあります。

なかなか外に出られないですね。自転車謳ってる立場ながら情けなくなりました。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

昨日も暑い一日となりました。また館林の旧アメダスはやらかしました。SnapCrab_NoName_2018-7-15_20-29-15_No-00

日差しが強いので、新アメダスより1℃高い値となっています。そして昨日の最高気温ランキングです。
SnapCrab_NoName_2018-7-15_20-29-48_No-00
数字をよくご覧ください。京都福知山、そして岐阜揖斐川が1位タイとのことですが、館林の旧アメダスですとそれを上回っています。まあ言うなれば「幻の1位」ってところですね。やっぱりズル林の汚名は着せられたままになります。

ところで、随分間隔が空いてしまったのですが、クロスバイク、そしてリカンベント2台の計3台のタイヤ空気圧加圧を行いました。クロスバイクはそれでも乗りますからこまめに確認はしておりました。それでも2週間ほど間が空いてしまいましたので、5kg/m2程度の圧力だったものがいつの間にか3.5kg/m2まで下がっておりました。走れない訳ではありませんが、それこそ路面抵抗は増えますし、それに伴いペダリングも重くなります。リカンベントトライクはタイヤが太いので、むしろ低い方が乗り心地が良くなるのですが、そんなことよりもやはりペダリングの軽さを優先させたいというのがあります。ある程度乗ると、疲労の差が如実に出ますから。

当然空気圧を高くし過ぎてもいいことはありません。チューブにそれだけ負担をかけることになりますから、パンクのリスクを高めることになります。ただし逆に、低いままではさらに悪影響を及ぼします。空気圧の低いままで乗り続けますと、必然的にタイヤが潰れた状態となりますので、スネークバイトとも呼ばれるリム打ちの危険性が高くなります。タイヤの金属の輪っかのことをリムと言いますが、その角と路面の間にチューブが挟まれ、まるで蛇に噛まれたかのような細い穴が2か所開くことになります。ご存じとは思いますが、パンクは普通パッチと呼ばれるゴムのシールのようなものを、チューブに開いた穴に貼り付けることで穴を塞ぎ修理をします。ただこのリム打ち、なかなかパッチで修理が出来ないんです。何と言っても穴が結構大きくなることで、思った以上に漏れる空気の圧力が高くてパッチが剥がれてしまうことすらあります。

さすがに乗る前には見て空気圧が適正か否かわかりますので、そこで空気圧不足なら速やかに加圧して乗るようにしています。今回ですが、リカンベントは当然のことながら、クロスバイクでさえ乗ること自体に間隔が空いてしまったということになります。自転車には、当然ながら最良の状態で乗りたいものですね。当然事故防止という意味も含めてです。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

申し遅れましたが、昨日から館林まつりが開催されております。かなりの炎天下での開催となってしまいましたが、かつて神輿を担いだ経験もある立場から申し上げれば、やっぱり祭りは出店だよな、などと不謹慎なことが嫌でも前に出てきます。いや、神輿が大きすぎて担いだ後方が晴れ上がり、しばらくカバンすらかけられない状態でしたから。

さて、来週7月21日の土曜日ですが、第19回館林手筒花火大会が開催されます。

第19回館林手筒花火大会

詳細はリンク先をご覧いただければと思いますが、とにかく本場豊橋から保存会の方をお呼びしての開催故、かなり本格的なものとなっております。あの壮大な火柱と、最後になる爆発音の迫力。これは一見の価値はあります。お近くの方いらっしゃいましたら、是非お寄りください。

お越しの際は、申し上げるまでもありませんが是非電車をご利用ください。そうしますと東武鉄道にお金が落ちることで、沿線住民としても今後の館林駅以遠の各線(伊勢崎線・小泉線・佐野線・桐生線)の運行状況の改善にもつながります。また、館林市はコミュニティーバスを運行しておりますが、そちらも会場まで駅から乗り換えなしで行けるようになっております。これを機会に是非ご利用いただければと思います。

私自身は所用で都内向けになりますが、電車ですのでひょっとしたら館林駅で下車、そのまま自転車で花火大会に向かうかもしれません。あくまでも時間が合えばの話になりますが。

↑このページのトップヘ