レンタサイクル始めました。
自転車はTOKYOBIKE26(濃紺)とTOKYOBIKEBISOU26(薄青)の2台だけです。
午前8時~午後6時営業(受付終了午後4時)。料金は4時間500円、8時間1000円です。
お問い合わせはjq1soaアットマークcc9.ne.jp、もしくは090-1858-1603までどうぞ。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

また梅雨空が戻ってきましたね。雨は止んだものの、一時かなり雨足が強くなりました。ここ群馬館林近辺は低地で水はけが悪く、歴史的に水害に悩まされてきた土地でもあります。隣の板倉町には、かつて洪水時に使用していた揚舟が古い人家に保存されていますし、板倉水郷公園では、それを観光の売りにしようということでガイド付きの揚舟ツアーが行われています。渡良瀬遊水地もありますし、水害など顔のものだろうと思いきや、近年市街地のアンダーパスが水没、軽自動車が犠牲になるなど予断を許さない状況に変わりはありません。どうしても雨には敏感になるんです。

ところで話は打って変わって食べ物になりますが、ツイッターのタイムラインでファミマのスイカフラッペが紹介されていたので、なるほどどんな味だろうと思い私も行って食べてきました。距離にして2kmほど、自転車でもすぐにつくような距離ですので、サクッと行って参りました。

あったあった。幟もちゃんとありました。
DSCN0921
と思いきや、隣にはまだチョコミントフラッペの幟がありました。
DSCN0922
一瞬迷いが生じましたが、やはり初心貫徹で行くことにしました。ちなみにまだ在庫はありましたが、数量限定とのことなのでしばらくしたらなくなるんでしょうね。

まず渡されたのはこんなやつです。DSCN0923
中にあるシャーベット状のものを揉んで柔らかくして、それからサーバーでミルクを足します。
DSCN0924
チョコミントもそうでしたけど、フラッペはミルクありきですね。まあこの歌とは違うんでしょうけど。

 

どうやら販売元はあのガリガリ君で有名な赤城乳業さんのようです。DSCN0925
ふと思い立ってチョコミントフラッペも確認しましたが、やっぱり赤城乳業さんでした。ただ、生産委託先は違う業者さんでしたね。

全景はこんな感じです。スイカの香りはとても繊細でなかなか表現しにくいのでしょうが、最近のアイスメーカーは本当に凄いと思います。スイカ果汁も入ってますからね。
DSCN0927
もちろんおいしくいただきました。チョコレートの粒を種に見立ててというのは、もう定番になったようですね。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

まずはこちらの動画をご覧ください。



東武1800系電車、旧「急行りょうもう号」の最後の編成が解体開始となりました。既にライト部分が外されているのがお分かりになるかと思います。このカラーの電車はとても思い入れがあって、小学1年の時に東京の病院に入院、その後も通院がしばらく続いたのですが、その際に浅草まで乗ったのがこの電車でした。今は特急となっておりますが当時はまだ急行で、確か急行券も今の半額以下の500円だったと記憶しています。他の編成は通勤用に格下げ改造されその後引退から解体、300系、350系電車として生まれ変わり別路線の特急として活躍(300系は引退・解体となりました)、そしてオリジナルのまま残った、この一番新しい編成1819Fが、急行から特急への切り替えの際臨時列車扱いとなり、先月5月20日にラストランを迎え引退となりました。解体の予定が注目されていましたが、6月17日に回送、翌日にはすでにライトが取り外されていたそうです。そして昨日の19日、天気もよかったので自転車を走らせて行ってきたという次第です。自宅からの道のりが4.5km。鉄道ファンに申し訳ない好条件なんですけど、恐らくこの電車でなければ出向くこともなかったかもしれません。

そして写真も撮らせてもらいました。P1010026
P1010027
P1010028
P1010029

だんだん壊されていくんでしょうね。たまに様子を伺いたいと思っております。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

日本酒フェアの後に行ったのが、サンシャインシティの隣にあるサンシャイン60です。そこの展望台から無線運用しようではないかと画策しておりました。
DSCN0858

サンシャイン60展望台入場券
去年改装が終わったとかで、さて四半世紀以上前に上った様とどう変わっているかきになったこともあって、上記入場料を支払入場しました。相変わらずエレベーターは速かったです。アッという間。
DSCN0860
とりあえず一周してみることにしました。東→北→南と来てまた逆に戻りました。
DSCN0861
DSCN0862
DSCN0863
DSCN0864
DSCN0865
DSCN0866
DSCN0867
DSCN0868
DSCN0869
DSCN0870
DSCN0871
ぐるりとして戻ったところで、無線の運用場所を探します。北側の一番東端がいい塩梅の空き具合だったので、そこに構えてまずはデジタル簡易無線から運用開始です。
DSCN0872
試しに、館林の自宅との交信を試みましたが見事成功。後で確認したところ、63.2kmとのこと。しかし地上高250mは強いですね。かすかすではなくてガツンと強い電波を受信、家族の方もとてもはっきり聞こえたと申しておりました。
SnapCrab_NoName_2018-6-18_16-1-52_No-00
デジタル簡易無線はその他、茨城土浦と1局、そして御膝元である池袋と1局で終了となりました。主の他お仕事で使っている方との混信が激しいんですね。都市部にいますので群馬と同じ考えではダメなんですが。ただ、不特定多数を呼ぶのではなく、特定の人を秘話設定で呼ぶということになると、かなり有効な手段になり得ることがわかりました。同じチャンネルでかぶってしまっても、ある程度ごり押しで交信を成立させられるということなんです。現に群馬の自宅と交信できましたから。

お次はアマチュア無線です。必殺武器の4エレメントループアンテナを準備、430Mhz帯FMで電波を出そうと思ったのですが、空いている周波数がなくて断念。これほどとは思いませんでした。まさかデジタル簡易無線以上の混雑ぶりとは。
DSCN0873
仕方ないので、持参した50/144/430Mhz帯3バンド共用のホイップアンテナに付け替えて、50MhzFMというキワモノバンドに手を出してみました。すると応答がありましたよ。ホントビックリ。で相手局もビックリしてました。
DSCN0875
周波数が余り高くないこともあり、ノイズに影響を受けやすいバンドではありますが、快適に交信することが出来ました。準備はしておくものですね。

ひとしきり運用を楽しんだ後、次の目的地に向かうべく下に降りました。乗車駅は東池袋駅。何と地下通路で直通です。
DSCN0879
終点の新規場まで行って、りんかい線に乗り換え。次の目的地を目指します。さてどこでしょうか。それはまたの機会に。

↑このページのトップヘ