レンタサイクル始めました。
自転車はTOKYOBIKE26(濃紺)とTOKYOBIKEBISOU26(薄青)の2台だけです。
午前8時~午後6時営業(受付終了午後4時)。料金は4時間500円、8時間1000円です。
お問い合わせはjq1soaアットマークcc9.ne.jp、もしくは090-1858-1603までどうぞ。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

どうもいけません。またもや真夜中に目が覚めてしまい、しばらくパソコンに向かっていたら眠気を催してきたので再度ベッドへ。起床は午前7時となりましたがやはり微妙なだるさが抜けません。

ということで、午前中は修理品が帰還するということでクロネコさんを待つために在宅、午後もなかなか外に出られませんでした。ただ夕方は写真撮影も兼ねてちょっとアマチュア無線とデジタル簡易無線の移動運用をしようかと思い、多々良沼北の芝山見晴らし台に向かいました。

ここからの風景は久しぶりになります。まずは赤城連山から。


DSCN0082

見晴らし台の真正面になります。こんな高い山が見えるところにあるんですね。見晴らし台のある鳥居峠までは、前橋駅からバスが走っていますので自転車持参でいけます。坂を上るんですか?堂平の時は仕方なくやりましたが、バスがあるならそちらを利用します。それがヘタレである私の流儀です。(笑)

御荷鉾山もきれいに写ってくれました。


DSCN0083

水と山のバランスがとても取れているこの景色が私は好きですね。しばらく無線を楽しんでさて帰ろうかとした時には、既にかなり日が落ちてしまっていました。ただそれはそれでおいしい色を味わえます。

DSCN0088

映えるオレンジ色が、空気の乾燥具合を教えてくれます。風がないのに、急に冷え込んできました。手がかじかんできたのですぐに帰宅。余り無理は出来ませんね。

さて、今日明日とまだ連休は続きます。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

おかげさまで、左足の具合もかなり良くなりました。まだ少し痛みが残っているのですが、日常的に歩く程度では支障をきたさないレベルになっているため、それほど気にならなくなりました。低周波治療器の治療はそれでも続けております。

それにしても昨日はかなりの冷え込みがありました。やはり水道が凍ってしまったとのこと。そうなるともう大変です。水洗トイレの水もなくなっちゃいますから、かなり深刻と言えます。結局昨日は全く外出せずとなった訳ですが、今思えばカメラ持って外に出ていればなあとちょっと後悔しております。

それでも何となく西の方を向いて撮った1枚がありましたので掲載します。


DSCN0080

乾燥した空気だからこその、青とオレンジのコントラスト。これなんですよね、待ち焦がれていたのは。そろそろ多々良沼に通う時期となったようです。気温としては今の自分からさらに低くなって、2月第1周あたりまでずっと低い日が続くんでしょうが、だからこその景色です。以前お話したかと思いますが、朝に霜が降りた風景も何とも言えません。地面が朝日で光る様がとても神秘的だったのですが、ちょっと早起きして気合を入れないとダメかもしれません。そういう写真もご紹介できたらいいですね。

しばらく休みが続きます。なので日曜日にちょっと羽目を外して外出してみるのもいいのかもしれません。色々試してみたいこともありますので、朝起きてみて体調を見ながら実行に移せたらと思います。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

昨日の朝は穏やかな朝でした。本当に風が吹いていない朝だったのですが、こういう朝がちょっと怖いのです。放射冷却で空気が異常に冷えている中での自転車ですから、頬に当たる空気が尋常ではないレベルの冷たさなのです。一応フェイスマスクで顔全体を覆っては降りますが、それを突き抜けて容赦なく他人の顔をひっぱたいてきます。

ただ景色は最高です。不思議と空気が澄んでいて、とてもいい写真を撮ることが出来ました。カメラを新調して手軽に取ることができる反面、性能面での差は如実に出ます。ただそれを補って余りある画が目の前にはありました。

まずは毎度の日向橋富士を。


DSCN0073

ご覧の通り、水面が凍結しておりました。幸い水道管の凍結はありませんでしたが、本当にそのあたりは気を付けないといけないようです。

しばらく走ると、今度は別の景色が気になりました。まずは男体山から。


DSCN0075

男体山は本当に形のいい山ですね。何故か見惚れてしまいます。ふと我に返って、遅刻しないようにと手っ取り早く赤城の山並みを切り取ります。


DSCN0076

館林という街には、それこそ山らしい山すらないのですが、こうして見るとやっぱり山が身近に感じられる環境なんですね。当然隣の足利や佐野に行けば、飽きるほど山を見ることが出来ますし、当然その頂上に登ることもできます。多々良沼や城沼、近藤沼。そしてちょっと離れますが渡良瀬遊水地と水郷地帯と言っても過言ではないほどの豊かな水をたたえたここ館林周辺。ただ平らな場所ってだけじゃないなと改めて思いますね。この豊富な水を使った遊びを何か考えないとな、などと思ってはおりますが、さすがに水浴びは厳しいかと。沼の水は飲んだりしたらよろしくないですから。

ふといろいろな思いを巡らせてしまって、またそこで遅刻しそうになりました。気を付けないと。ということで土日の次は2連荘で有休です。

↑このページのトップヘ