レンタサイクル始めました。
自転車はTOKYOBIKE26(濃紺)とTOKYOBIKEBISOU26(薄青)の2台だけです。
午前8時~午後6時営業(受付終了午後4時)。料金は4時間500円、8時間1000円です。
お問い合わせはjq1soaアットマークcc9.ne.jp、もしくは090-1858-1603までどうぞ。

おはようございます。ブログ更新がちょっと遅れてしまいました。単にうっかりです。

昨日になりますが、夕方には風が凪いで多々良沼がまたいい表情を見せてくれました。

P1000012

多々良沼漁協事務所近くの休憩所から西を望んだ1枚です。水面が穏やかになると、こうして空のオレンジをきれいに映し出してくれます。私みたいな未熟な腕でも、色がここまで楽しめます。毎日こうして表情を見させてもらっていますが、全然飽きませんね。

湖畔まで降りてみました。ちょっと間に電話が入って話し込んでいたら、すっかり日が落ちてしまいました。ただそのおかげでオレンジと青の共演がさらに面白くなってました。

P1000022

こういう表情は、風が凪いだ日にしか見られませんね。大抵雲が出ているはずなんですが、昨日は珍しくほぼ快晴。きれいな色のグラデーションがそっくり水面に映っておりました。

さすがに平日ということもあって、レンズを多々良沼に向けている方はいらっしゃいませんでしたが、これからの季節土日ともなると多くのカメラマンでも賑わいを見せます。ハクチョウの飛来地としても知られる多々良沼で、またその姿を収めようとする方も多いのですが、個人的には夕景の方が面白いなと感じています。たしかに「たかが夕景で出向けるか?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。ただ嘘は申しません。「一度来てみて下さい。」

午前8時の開店時にはほとんどなかった風ですが、午前10時になろうとする今ちょっと吹き始めたなという感じになってきました。 余り強くならなければいいなとは思います。とにかく吹き出すとハンパない強さになりますからね。さて今日もシクロツーリズムたたら、元気に営業中です。

おはようございます。昨日のブログを書き終えてから、しばし考え込んでおりました。この状態で外出できるのかな、と。レンタサイクルのロゴも掲示して一応「営業中」の体裁を維持しておりましたが、さすがに早めの閉店を決めました。もちろん私自身も外出すらしておりません。この風で自転車はないよなあと。(笑)

幸い風も落ち着いたのですが、今度は妙な雲が日差しを邪魔し始めました。こうなるとあまり気温が上がらなくなりますね。部屋から東を望んでまず1枚撮ってみました。

P1000001
 
東を向いていますから、左側が北で右側が南になります。天気予報でも行っていたのですが、今日は南で雲が多くなるとのこと。恐らく都内などではここ以上に曇っていて日差しがないということになるのでしょうが、ちょうどここ北関東は群馬館林あたりが曇りと晴れ間の境目見ないな感じに見受けられます。

念のために、今度は西に向かって1枚撮ってみました。

P1000002
 
やっぱり状況は同じですね。まんま南が雲に覆われています。風がないのは救いですが、それでもこういう日は気温が上がらないですから注意は必要なんですね。体を不必要に冷やさないようにしたいと思います。

シクロツーリズムたたら、本日も営業開始です。皆様もこれからの季節、お体お気を付け下さい。そして、よろしければ一度、多々良沼の夕景を見に来て下さいね。 

本格的な寒気の到来とでも言いましょうか、昨日の低気圧が東に抜けたことで一気に西風が強くなりました。今朝の段階でもある程度吹いておりましたが、さすがに看過できないレベルになってきております。

写真で強風を表現するのは全くもって難しいことなのですが、この写真をご覧になると納得していただけると思います。

P1000002

2階にある私の部屋の窓から、北西方向を向いて撮ったものです。ご覧いただくと、北の方は晴れ間があるものの、西に至っては雲がかかっています。これにはしっかりとした理由があって、西側の山、特に秩父連山や妙義山あたりにぶち当たる雲が、本来はそこで雪を落として弱体化するのに、その隙を与えずそのまま吹き飛ばされてきていしまっているということです。当然それまでに随分雪を落としているはずですから、こちらに飛ばされてきたとはいえ雪は降りません。ただ本当に冬型の気圧配置が強まってくると、風花が飛ばされてくることもない訳ではありません。

ここまでの強風となると、自転車での外出は困難どころか危険というレベルです。向かい風でペダルが重いくらいならまだましなんです。横風に煽られて転倒、そのはずみで車道に倒れ込み交通事故に遭ってしまう。そんな悲しいことは誰も望みませんからね。

正直、このまま営業していていいかどうか迷うほどです。ただし、一応ロゴは掲示しておいて、状況を見ながらお客様の対応をさせていただくのが一番だという結論でおります。

P1000003

余談ですが、風に飛ばされない様、当初の磁石シートのみならず、100円ショップで売っている強力なネオジム磁石も使用して、飛ばされないようにしております。

P1000004


さて、ロゴの無事を確認したので家の中に戻ろうと思ったその瞬間、踏切の警告音が。館林発の下り電車が来たようです。早速レンズを向けてしまいました。

P1000005


電車の乗客の中で、シクロツーリズムたたらの「レンタサイクル」ロゴ、ご覧になった方はいらっしゃるのでしょうか。それはともかく、強風の中でのお出かけは、思わぬ事故やけがに遭う可能性が高くなりますので、十分にお気を付け下さい。

↑このページのトップヘ