レンタサイクル始めました。
自転車はTOKYOBIKE26(濃紺)とTOKYOBIKEBISOU26(薄青)の2台だけです。
午前8時~午後6時営業(受付終了午後4時)。料金は4時間500円、8時間1000円です。
お問い合わせはjq1soaアットマークcc9.ne.jp、もしくは090-1858-1603までどうぞ。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

一応今日で三が日終わりますね。もちろん製造関係の方は、工場の関係でずっと休みという方もいらっしゃるでしょうし、早い方は元日のみの休みで既にお仕事はじめをされている方もいらっしゃるでしょう。お勤め先の関係で、私も5日までお休み、そして6日だけ出勤してまた3日休みというシフトになっておりますが、出来るだけレンタサイクルは営業したいところですね。

さて昨日はかなり風の弱い日となりました。こうした日は珍しいはずなんですが、今年の冬は結構頻繁に出くわしますね。まあそれなりに楽しめることがあるので私はその方が都合がいいのですが。

まずは中野沼越しの鉄塔サンドイッチ富士をご覧ください。

P1000002

どうですか?山際にご注目いただきたいのですが、赤くなってませんか?この赤が実に美しいと思うんです。は風が強いと黄色が強く出て、それこそオレンジが本当に映えるのですが、こうしたちょっとぼーっとした赤味がでるのも、それはそれで好きですね。

多々良橋からの富士山も見てみましょう。

P1000013

どうですか?南側だからかもしれませんが、より赤みがはっきり出ています。この明るさなら普通はもっとオレンジがギラギラしているんですけどね。水面に映り込む赤もまた「いとをかし」というところでしょうか。

そして最後は毎度日向橋からの多々良川越しの富士。

P1000017


こうした色が近所で楽しめるとは、本当に幸せだなと感じます。いや、皆さんのお住まいの近くにも、本当に代えがたいほど美しく、また愛しい場所というものはあるでしょう。それが私の場合多々良沼だったということだけなんですよね。でもお近くに来たら折角ですからお寄りいただきたいと思います。

昨日もカメラマンが5,6名お越しになっていました。不思議と多々良橋周辺にいらっしゃるケースが多いんですが、出来ればハクチョウスポットがある中野沼隣のガバ沼スポットの反対側を狙ってみてはいかがでしょうか。そう言えば、i-phoneで私のアングルの真似をして撮影している女性もいらっしゃいましたね。なるほど、よくわかってらっしゃる。
 
シクロツーリズムたたらですが、レンタサイクルを見た目休業状態にしております。ただお電話もしくはメールでお問い合わせいただければ、問題なくご準備できますので遠慮なくお申し付けください。写真のお供だけでなく、館林市、邑楽町、そして隣の千代田町から利根川に至るまで、快適な移動手段を提供すること請け合いです。 

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

昨日は2017元日、最初の1日となった訳ですが、ちょっと欲張りに初日の出と多々良沼の夕景をいただきました。初日の出は別エントリーでご紹介の通りですが、夕方はやっぱり多々良沼です。

P1000045

多々良橋から富士山方向を望んで、見え始めた金星と三日月を欲張って入れてみました。この青とオレンジ、そしてその水面への映り込みを楽しめる場所はあまりないのかなと思います。昨日は元日ということもあってか、北岸に三脚を構えていたカメラマンの方でも二けたに迫る人数を数え、ハクチョウざまあみろと思うほどの人気ぶりでした。ハクチョウさん悪口言ってごめんなさい。でもあなたがたの鳴き声、ちょっとうるさすぎますよ。

そしてこちらは隣中野沼越しに臨む富士山です。

P1000020

鉄塔の間に富士山が見えますが、ここの水面も凄いんです。

P1000023

色が楽しめますね。最近中野沼も撮り始めましたが、ここは釣り堀なんですよね。でも好きなので釣り以外のことで通うことになってしまいました。

そして最後は、私の大好きなアングルでもある、多々良川と富士山コラボとなる日向橋からの画です。

P1000054

青とオレンジの対比が、多々良沼と同等、いやそれ以上に楽しめるアングルです。ここはほとんどノーマーク。どなたもカメラを構えていません。そして富士山に寄ってみての1枚。

P1000055

120kmも離れているのに、美しい姿を相変わらず見せてくれる富士山。北関東でもそんなお姿を楽しめる幸せ、ただただ感謝です。

正月休みでどこに行こうか迷っている方々に、ついでに寄ってもらうだけでもご満足いただける場所であること請け合いです。是非お越しいただき、この夕景を楽しんでください。

あ、最後にちょっと商売っ気を。クルマで移動するよりも、自転車で移動した方がいろいろなアングルを気軽に手早く楽しめます。何と言っても遊歩道には信号がありませんので、とても素早い移動が可能となっています。是非自転車でのご移動、そしてシクロツーリズムたたらのご用命をご検討くださいますよう、 心よりお願い申し上げます。

改めましておはようございます。そして明けましておめでとうございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。今年も、そして今後ともよろしくお願い申し上げます。

さて、前のエントリーの新年ご挨拶で申し上げました通り、足利市にある織姫山まで初日の出を見に行き、そして午前9時に無事帰宅いたしました。改めて思ったのが、こんなに身近に上れる山から、こんなきれいな景色を楽しめていいのかというありがたさでした。レストハウスまで行ってみて目にしたのは、こんな人だかりでした。

P1000002

やはりここは、確実に初日の出スポットだということです。見晴らしがいいからこその人だかりでしょうが、できればもっとひっそりと拝みたいなと思いました。この見晴らし台では人ごみが凄いので、生垣の後に回って初日の出を狙うことにしました。

待つこと数分。何やら黒い物体が空中を舞っているので、何だろうと思いカメラのズームで寄ってみました。なんと・・・・・・

P1000003

熱気球でした。恐らくは渡良瀬遊水地あたりで楽しまれているのでしょう。風もなかったのでそれこそ絶好のコンディションと言えるのではないでしょうか。

さていよいよお待ちかねの日の出です。時間を置いて複数枚撮影してみました。

P1000004

P1000005

P1000006

P1000007

あっという間にゴーストが出るほど明るくなりました。手前の黒いのは人の頭です。どうしてもこれだけは避けられませんでした。

しばらくして街を改めて望んだところ、白いもやがかかっておりました。なかなか幻想的ですね。

P1000010

この後織姫神社まで降りて行って初詣となりました。ここにくるのも本当に久しぶりになります。

P1000012

南の参道を見下ろすと、森高千里の歌で一躍有名になったあの「渡良瀬橋」も望めます。

P1000014

 ということで、お参りをしてついでにおみくじも引きました。

P1000017

この後無事帰宅となりましたが、自転車に乗って改めて気づいたことがありました。それは、

足先をいかに冷やさず走るか

ということでした。着込めば体の冷えの対策にはなりますが、足先はそれこそあまり防寒対策が取れないと言えるでしょう。靴下の重ね履きは限界があるでしょうし、靴自体もあまり保温できるような構造ではありません。それこそ大袈裟になりますが、「雪山登山をするような防寒対策」が足には特に必要なのではと思えるのです。今度はそれに注意して、早朝自転車からの登山、そしてアマチュア無線運用という形でうまくつなげたいなと思いました。 

↑このページのトップヘ