レンタサイクル始めました。
自転車はTOKYOBIKE26(濃紺)とTOKYOBIKEBISOU26(薄青)の2台だけです。
午前8時~午後6時営業(受付終了午後4時)。料金は4時間500円、8時間1000円です。
お問い合わせはjq1soaアットマークcc9.ne.jp、もしくは090-1858-1603までどうぞ。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

昨日は雨でした。となると通勤は自転車から自動的に電車に切り替わります。伊勢崎線で館林まで一駅、そして小泉線に乗り換えて成島まで一駅という、まあ酔狂としか言えない電車通勤をしている訳ですが、こののんびりとした時間の流れが私にとっては癒しそのものなんです。電車で走っている時間より、電車の待ち時間の方が長いという不条理。でもそれがよかったりします。だからと言って遅刻する訳でもないですし。

帰路の途中ですが、何気に見上げた木が桜の木でした。で、ピンク色のものが付いていたので何だろうとよく見てみると、なんと華が咲いていたのでした。こういうのは歩いていないと意外と気づかないものです。自転車であっても、ある程度の速度があるので見過ごすことがほとんどでしょう。

 ところで以前も少しお話したと思いますが、ここ館林という街は、何気に電車の使い勝手がとてもいい街です。特急で東京スカイツリーまで1本で行けますし、市内移動はもちろん隣接市町村にも結構便利に使いこなせます。コミュニティーバスが走っていますが、電車の方が使い勝手は数段上です。クルマという圧倒的に便利な手段に慣れてしまうと、便利という定義をどんどん狭めてしまいますね。こうでないと便利とは言わないと、さらに上のレベルを求めます。コンビニの24時間営業じゃあるまいし、そんなに高望みする必要があるのかとさえ思います。電車なんか、1時間に2本走っていれば全然平気。待ち時間は本を読むなり動画を閲覧するなり、いろいろ活用方法はあるはずですから。

それにしても、私ほど電車と自転車を組み合わせて、しっかりとした移動手段にしている人もいないのではと偉そうに言ってしまいます。都内輪行などでつくづくその便利さを体験しています。そこに来て、こんな小さい街で電車が結構使える。電車と自転車を切り離しても使い勝手がそれほど下がらないという稀有な環境を、今後ももっと楽しみたいですね。 

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

それにしてもいい天気でしたね、春分の日は。いろいろ行楽地もにぎわったことでしょう。お外で遊ぶには絶好の日和でした。スポーツもよし、そしてBBQなんかも盛り上がったんではないでしょうか。

私と言えば、勤務だったのでしっかりとお仕事してきました。とにかく突発で何がしかありますので、そういうことにすぐ対応しないとダメなんです。昨日も2件くらいそういうのがあって、とっととやっつけました。世間さまはお休みですが、少しペースがゆっくりになるのでやりやすいと言えばやりやすいですね。

とはいえ、今後はちょっと天気も不安定になるようですね。早速今日は雨の予報となっていますが、また電車通勤アゲインでしょうか。これからはますます多くなりそうです。でも、こうして意識して使おうとしないと、電車がなくなってからでは遅いですからね。残って欲しいからこその利用。これを忘れてはいけません。

さて今日は電車か自転車かどちらになっているでしょうか。出勤も楽しみの一つに入れるのも、またお仕事を楽しくする工夫の一つだと思いますがいかがでしょうか。 

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

さて、昨日はなぜか西風がぬるく感じられる妙な1日でしたが、 ちょっと外に出たらくしゃみが止まらなくなりました。私は花粉症じゃなかったはずなんですが、とにかくくしゃみが止まりません。こうしてブログを書いている最中にも、くしゃみをしたいという微妙な感覚と、滝のごとく流れ落ちる鼻水との格闘に翻弄されております。

そうなると自転車どころの話ではなくなる訳で、家でぐずぐずしておりました。と書いてるそばからくしゃみ。とにかく休養を取った方がいいようです。

明日は私自身が出勤のためレンタサイクルは休業となります。ただ申しあげられるのは、1週間通勤で使用してみて、平地を走行するのには極めて快適かつ速く移動できるということ、そして車体の軽さが駐輪等走っていない状況でもなにかと便利な方向に働くということでした。駆動系のパーツは決して高いものを使っている訳ではありませんし、やはり見た目がちょっとチープなんですが、基本性能は継続して乗ってみて改めてしっかりしているなと実感しました。

その性能はやはり実際にお乗りいただくのが一番かと思います。ご興味がおありでしたら、メールまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。 

↑このページのトップヘ