レンタサイクル始めました。
自転車はTOKYOBIKE26(濃紺)とTOKYOBIKEBISOU26(薄青)の2台だけです。
午前8時~午後6時営業(受付終了午後4時)。料金は4時間500円、8時間1000円です。
お問い合わせはjq1soaアットマークcc9.ne.jp、もしくは090-1858-1603までどうぞ。

明けましておめでとうございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

シクロツーリズムたたら開業から早いもので3か月がたちました。そして2017年を迎えることになりましたが、まだまだ努力不足を深く感じる日が続きます。

ところで大晦日は穏やかな日になりましたね。趣味の一つでもある紙飛行機を存分に楽しめました。冬はからっ風のおかげでなかなかチャンスがありませんが、幸か不幸か暖冬傾向で風もあまり吹かないとのこと。ちょっとそんなことにも甘えてしまおうかななどと思っております。新年最初から穏やかな天気になるとは、年甲斐もなくお年玉をもらった気分です。(笑)

さて、これから初日の出を拝んできたいと思います。場所は隣の足利市にある織姫山。標高が100mちょっとの低山ですが、自転車ですいすいと上ることもでき、お手軽に標高を稼いでアマチュア無線運用などが出来たりします。当然のことながら、展望台としての役割もしっかり果たしますから、景色だって楽しめてしまいます。

初日の出なんて随分久しぶりになりますので、今年の幸運を祈りつつ、頂上のすぐ下にある織姫神社に初もうでと行きましょうか。今年もシクロツーリズムたたら、よろしくお願いいたします。 

シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

今年も残すところあと数時間となりました。大みそかはどうだろうと思っておりましたが、30日の強風とは打って変わって穏やかになりました。夕方ですがちょっと自転車で散歩がてら出かけて、多々良沼にご挨拶してまいりました。

P1000011
 
ちょっと左寄りに見える富士山に寄り添うように、金星と三日月が一緒に顔を出しておりました。こんな穏やかな大晦日を迎えられたのは久しぶりです。なぜか心がほっこりしました。

先ほど年越しそばを食べ終え、ふと気づくと本日分のブログを更新しておりませんでした。それはいかんと思い、取り急ぎ多々良沼の写真を掲載した次第です。例年は初日の出など拝むこともなかったのですが、こうしたきれいな風景を見続ける癖がついてしまうと、足利まで出向いて織姫山あたりにでも登ってやろうかなどと気まぐれを起こしたりします。

それにしても、こうして改めて思うに、いろいろな環境に恵まれております。しかもそのほとんどが自転車という手段でアクセス可能なのです。足利の山も佐野の街中も、そして渡良瀬遊水地もそうです。そうした恵まれた環境の中でいろいろと遊べる私は幸せなんでしょうね。紙飛行機も、自転車も、アマチュア無線も、そして写真も楽しめるのですから。ただただ感謝の念のみです。

遅くなりましたが、残り少ない2016年ですが、まずはよいお年をお迎えいただき、また来年からもシクロツーリズムたたらをよろしくお願いいたします。 

さて今日はもう1本エントリーを。

久しぶりに風が凪ぎました。いや、正確に言うと上空は風が吹き抜けていましたが、幸い地上10m位までは緩やかな風ですみましたので、個人的にいろいろと都合がよかったということです。趣味で飛ばしている紙飛行機もたんまり飛ばせましたし、もちろん写真も楽しめました。あ、紙飛行機はこんな感じのを飛ばしてます。

P1000027
 

紙を貼り合わせて製作するタイプです。胴体はバルサ材を使って軽量化することもあります。模型用ゴムを某に取り付けたカタパルトで射出してあげると、裕に20mほど上昇して、そこからゆっくりと30秒ほどかけて降りてきます。調整することで旋回しながら滑空させることもできるので、遠くに行ってしまうこともなくその飛行姿勢を眺めることが出来ます。

さて本題です。紙飛行機を飛ばすグラウンドのほど近くに、多々良沼と中野沼を隔てる道があるのですが、そこから毎度取っている写真があります。こちらです。

P1000003

鉄塔の間に富士山が見えるので、こうして空も含めて撮影することが多いのです。昨日も夕陽がきれいでした。そして、多々良沼を挟んで見える富士山もまた美しいので、やっぱり写真に収めてしまったりします。

P1000010


中央少し左寄りに盛り上がっているのが富士山です。ちょっと小さいので寄ってみますね。

P1000013


ここ多々良沼から富士山山頂まで約120kmほど離れていますが、そんなことを微塵も感じさせないほど美しいシルエットを見せてくれますね。富士山もきれいですが、先ほどの多々良沼の水面、いかがですか?私はその鏡面としての顔が凄く好きで、水面の表情ばかりカメラで追いかけています。なかなか天気は定まってくれませんが、こうしたたまにある、晴れの凪の日の夕方は、本当に私にとって「ごちそう」に他なりません。

そろそろお仕事もお休みという方が増えてきていると思います。もしお時間ありましたら、ちょっとだけでも多々良沼に足を向けてみてはいかがでしょうか。多々良沼の夕景を愛するものとして、心よりお願い申し上げます。
 

↑このページのトップヘ