レンタサイクル始めました。
自転車はTOKYOBIKE26(濃紺)とTOKYOBIKEBISOU26(薄青)の2台だけです。
午前8時~午後6時営業(受付終了午後4時)。料金は4時間500円、8時間1000円です。
お問い合わせはjq1soaアットマークcc9.ne.jp、もしくは090-1858-1603までどうぞ。

本格的な寒気の到来とでも言いましょうか、昨日の低気圧が東に抜けたことで一気に西風が強くなりました。今朝の段階でもある程度吹いておりましたが、さすがに看過できないレベルになってきております。

写真で強風を表現するのは全くもって難しいことなのですが、この写真をご覧になると納得していただけると思います。

P1000002

2階にある私の部屋の窓から、北西方向を向いて撮ったものです。ご覧いただくと、北の方は晴れ間があるものの、西に至っては雲がかかっています。これにはしっかりとした理由があって、西側の山、特に秩父連山や妙義山あたりにぶち当たる雲が、本来はそこで雪を落として弱体化するのに、その隙を与えずそのまま吹き飛ばされてきていしまっているということです。当然それまでに随分雪を落としているはずですから、こちらに飛ばされてきたとはいえ雪は降りません。ただ本当に冬型の気圧配置が強まってくると、風花が飛ばされてくることもない訳ではありません。

ここまでの強風となると、自転車での外出は困難どころか危険というレベルです。向かい風でペダルが重いくらいならまだましなんです。横風に煽られて転倒、そのはずみで車道に倒れ込み交通事故に遭ってしまう。そんな悲しいことは誰も望みませんからね。

正直、このまま営業していていいかどうか迷うほどです。ただし、一応ロゴは掲示しておいて、状況を見ながらお客様の対応をさせていただくのが一番だという結論でおります。

P1000003

余談ですが、風に飛ばされない様、当初の磁石シートのみならず、100円ショップで売っている強力なネオジム磁石も使用して、飛ばされないようにしております。

P1000004


さて、ロゴの無事を確認したので家の中に戻ろうと思ったその瞬間、踏切の警告音が。館林発の下り電車が来たようです。早速レンズを向けてしまいました。

P1000005


電車の乗客の中で、シクロツーリズムたたらの「レンタサイクル」ロゴ、ご覧になった方はいらっしゃるのでしょうか。それはともかく、強風の中でのお出かけは、思わぬ事故やけがに遭う可能性が高くなりますので、十分にお気を付け下さい。

おはようございます。今日も朝からいい天気となりました。ただ風が強いですね。昨日とは打って変わって体感温度が低くなっています。

ところで、微風だった昨日の多々良沼なんですが、残念ながら富士山を拝むことができませんでした。ただ西の方の晴れ間はとてもきれいなオレンジ色を演出しておりました。 

P1000013

南東の方角に雲が多くなっていますね。ちょっと珍しい筋状の雲がありますが、場所を変えて湖畔まで出てみると、はっきりと水面に映っておりました。

P1000024

風の強い日の澄んで乾いた空気が織りなすオレンジ色の空もきれいですが、風のない日でもこうして雲を楽しめるのが多々良沼のいいところでもあります。土日にはカメラを持ってわざわざ写真を撮りにいらっしゃるかたも散見されますが、平日からいろいろなコンディションの多々良沼を見ている私としては、「土日だけじゃもったいない」と切に思います。そういうこともあって、シクロツーリズムたたらは不定休、特に雨天時にお休みさせていただくだけで、基本的には「無休」で営業させていただいております。これからの季節、いろいろ走り回るのは寒さと風で難しいですが、夕景を望むだけなら問題ありませんからね。多々良沼公園には駐車場が整備されていますから、もちろんクルマで直行されても大丈夫。自転車は言わば「電車移動の補助手段」でいいんです。

そろそろインフルエンザの流行という話を耳にしました。例年と比較してもかなり早いですね。年末年始に向けてお忙しくなる時期でもあります。みなさまもお体には十分お気を付け下さい。シクロツーリズムたたら、本日も元気に営業しております。
 

多々良沼の近くということもあるのでしょうが、冬でも比較的湿度が高めという場所ではあるのですが、昨夜は夜に雨が降ったおかげで、もともと空気がたっぷりと湿気を含んでということになりましたね。ただ、朝になったら気持ちの良い晴れ空となっていました。

P1000001


相向かいの家が転居してからというもの、東武伊勢崎線の線路が直接見えるようになったのですが、微妙に鉄分のある私としては、ちょっと不謹慎ながら嬉しかったりします。この時は時間が合わず、電車の姿をみることはありませんでしたが。

ふと東側に目を向けると、どうやら東側の方が霧が酷かったのでレンズを向けてみました。随分晴れてきているとはいえ、やはりその痕跡をはっきりと確認できました。

P1000002


恐らく、同じ館林にある城沼や近藤沼などの付近でも、霧の残り方はすごいんでしょうね。さらに東に向かうと、群馬県板倉町・栃木県栃木市・茨城県古河市・埼玉県加須市に囲まれた「渡良瀬遊水地」なども恐らく凄い霧になっていたんでしょう。館林市周辺は「水郷」という言葉で表現されることがあるのですが、多くの池沼を有し、大きな遊水地を抱えているだけでなく、南北を渡良瀬川と利根川に挟まれている、どれだけ水に関わっているのかと思わせるほどの土地柄です。かつては水害に悩まされ、揚舟と呼ばれる洪水時の移動手段も一家に1艘ということが当たり前というほどでした。自転車とは関係なくなるのですが、そういう豊かな水についても、出来るだけ自転車に絡めた味わい方をいろいろ考えたいなと改めて思いました。

さて月曜日、気持ちの良い朝を迎えました。シクロツーリズムたたら、本日も営業です。皆さまのお越しをお待ちしております。 

P1000003 

↑このページのトップヘ