おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

とにかく堂平山を下山となると、大野原駅の到着を急がなければなりません。山の坂道の途中での降雨など危険そのものですから。タイヤのグリップ低下のみならず、視界不良はそれこそ交通事故の原因にもなります。上りは2時間かかりましたが、下りはスピードをコントロールしながら40分で下山となりました。無事大野原駅で輪行収納で来てホッとしております。

P1000076

上り電車に乗車予定ですが、直近の電車出発時刻の20分前到着で、それこそ輪行収納も余裕をもって行うことが出来ました。ボトルの麦茶もほとんどなくなっていたので、右手に見える自販機で飲み物を購入、ホームに入りトイレを済ませました。

するとほどなく電車の入線です。あとは羽生駅まで座るだけ。車窓の景色も素敵でしたが、出川さんの電動バイクもよかったです。(笑)

P1000081

羽生駅で東武伊勢崎線に乗り換え、一路館林駅を目指しますが、利根川を渡って群馬県に入ったあたりで激しい雨が。館林止まりなので接続電車乗車のため一旦下車しますが、屋根に当たる雨音は本当に騒がしいものでした。ただ10分ほどの待ち合わせ時間のうちのあっという間に止んでしまって、ちょっと拍子抜けでした。多々良駅での自転車組み立ても楽にできましたし、当然自宅までの400m足らずの道のりも自走となりました。雨の降るタイミングは、まさに不幸中の幸いというべきものでした。

さて次はいつになることやら。