おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

さてタイトルに耳コピなる言葉がありますが、これいかに!ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、要は耳でコピー、つまり楽譜がない楽曲に対して、耳で聞いた音を基に楽譜を起こす、もしくは演奏を行うというものです。難しそうに見えますが、ギターの場合は意外と簡単だったりします。

いや、ピアノだって音数が少なければできますよ。というかむしろギターよりさらに楽だったりします。ピアノは1つの鍵盤に1つの音が割り当てられていますから、その音を聞き取って楽譜に記譜をすればいい訳です。ギターの場合は、違う場所を押さえても同じ音が出ることがありますから、これまた厄介です。ですが、実はそんなことだってきちんと押さえる場所まで特定できたりします。

まあこんなブログでも音楽に詳しい方がご覧になるかもしれませんので下手なことは書けませんが、楽譜集を出さないというアーチストの方に代わって自分で楽譜を起こしてしまおう、そんなもの楽器の楽しみ方としてはあると思います。かく言う私もその一人ということになりますが、難しくないものの結構地味な作業が多かったりと時間はかかりますね。一気にやりきる気力さえあれば何とかできますが、最近は途中で途絶えてしまうことが多くなりました。

ということでちょっとさわりだけ書かせていただきましたが、シリーズという大それたものではないものの、少し今までやってきた方法について書かせていただければと思います。