おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

朝小雨が降っていたので電車にしましたが、途中で止んでしまって駅を降りた頃にはすっかり上がって降りました。時間にしてほんの15分くらいのことです。何だかなあとちょっと拍子抜けしました。

帰路も駅まで徒歩、2駅の電車旅を楽しむことになりました。そう言えばワンマン運転になってやたらと遅延が発生するようになりました。発車時刻になっても電車が到着すらしておらず、最終的に5分ほど遅れての出発となったことさえありました。隣の館林駅で佐野線に乗り換えようと思ったのですが、これほどの遅延が起きたために乗り換えが出来なかったということもあります。駅員に尋ねたところ、乗り換えを保証する訳ではないのでとの回答でしたが、それにしても5分遅延を普通と言い切ってしまうのはいかがなものかと食って掛かりました。

そこで昨日の話に戻ります。帰路の電車ですが、やはりワンマンなので接続電車を待つことになった訳です。館林止まりの下り電車を待ってからの出発になりましたが、2分ほど定刻より遅れての発車となりました。何だ、ちゃんと接続考えてるじゃないかと。こういう場当たり的な説明をして憚らないところがやっぱり許せませんね。

東武動物公園でやはりおざなりな対応をされて嫌な思いをしたことがあったんですが、それはまたの機会に。ワンマン化で電車の接続の妙からそれほど不便を感じないでおりますが、その反面定刻発車という言葉は一体どこの国のものだという状況になっております。