おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

昨日6月21日から、群馬県内及び栃木県の一部の駅で乗り降り自由となる、「ぐんまワンデー世界遺産パスが発売となりました。

JR東日本高崎支社企画です。(PDF)

試用期間は7月1日から12月31日までとなっていて、夏休みと冬休み両方使えるということになってます。ただ、旨味はとにかく上越線や吾妻線への乗車ということになると思いますので、やはり夏の利用を念頭に購入するのがよろしいかと思います。寒いとどうしても移動が制限されますからね。積雪や路面凍結といった道路事情に影響を与える要素も増えますし。私の場合で恐縮ですが、自転車というものがついてまわるということは、クルマと比較してさらにシビアにならざるを得ません。

このぐんまワンデー世界遺産パス、大人で2100円ですが、それこそJRのみならず私鉄各社も当然乗り放題ということになりますので、かなりお得感が出ます。特に私のような群馬県在住のものや、利用駅に含まれる両毛線小山駅以西の栃木県内駅(東武伊勢崎線足利市内、佐野線佐野駅以南も該当します)からも利用できますので、栃木方面からの使い勝手もいいのではと思います。

私は今年、谷川岳に無線運用をしに行こうと思っていますが、このパスを使うと本当に安く、かつ楽に谷川岳まで行くことが出来ます。あの地下駅として有名な土合駅まで有効ですので、下車してバスで麓まで、そしてロープウェーで頂上までというお気楽登山が可能なんですね。後は天気が荒れないことを祈るのみです。当然防寒対策はしていきますけどね。

販売はJR各駅の指定席券売機、もしくは主要旅行会社となっています。みどりの窓口やびゅうプラザでも購入可能となっていますので、興味のある方はリンク先をご覧いただき、必要に応じてお問い合わせください。