カテゴリ: 多々良沼から

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

今まであまり気に掛けなかったのですが、多々良沼と言えばやはり釣りなんですね。私も以前よくこのブログで写真をアップしていましたが、釣り人のシルエットを敢えて載せていたりしました。確かに、多々良沼の風景にはなくてはならない存在だよなあと、今更ながら再認識している訳です。

とは言え、私自身釣りに全く興味がありません。いや、小学校の頃でしょうか、友達に誘われて当然のように釣りに行ったことは何度かありました。ただ同じ場所でじっとしていることに耐えられず、また捉えた魚をどうしていいかわからず、すぐに遠のいてしまいました。自転車など乗っているのは、同じ場所にいないということが前提の「乗り物」だからだというのは、生来落ち着きのない私にとって性に合っているのだなとさえ思います。東京に行っても、一か所に居つくということは絶対にありませんから。大抵滞在時間は30分以内。となると、自転車というツールがとても役に立つんです。

いや、好き嫌い言ってる場合ではないんですね。そういう釣りに来られる方々にも、やっぱり別の多々良沼の良さを知っていただきたいですし、ついでに自転車にも乗っていただきたいですから。場所柄クルマで起こしの方がほとんどですが、風を感じながら少し周りを走ってみるのも、また別の楽しみ方になるのではと思います。資金があれば、多々良沼にレンタサイクルのデポを設置、場所指定の乗り捨て自由なんていうのもやってみたいんです。ですから、電車で来られる方にも対応できるかなと。お帰りは自転車でどうぞという感じですか。お迎えからレンタサイクルというのはちょっと難しいですけどね。

お隣足利市のあしかがフラワーパークや、佐野のアウトレットも視野に入れてのコースセッティングも可能です。さすがにアウトレットはちょっと距離がありますけどね。それでも、自転車があるだけで随分幅が広がります。さて、もっと活用できる方法を探さないと、です。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

いやね、会社からの帰り道、雨が降っていましたから当然電車通勤なんですが、駅までの徒歩でふと思い出したことがあったんです。広島での出来事でした。宮島のロープウェイの中で出会ったアメリカ人と、そしてフランス人。アメリカ人は絶対数が多いですが、フランス人は少ないですよ、北関東という場所に限定すると。さすが世界遺産にもなっている観光地では、場所を問わず多くの外国人観光客が訪れるんですね。

じゃあそれがどう膨らむのだということになりますが、そりゃ語学のモチベーションがあがるってもんでしょう。石投げたら外国人がいますから、自分の語学力を試せる訳です。夏休みの宿題なんかにも先生がしていいんじゃないかと。休み前に質問リストを先生に提出して内容を確認、その上で指導する。そして夏休み明けにその質問について報告をするというもの。報告の仕方はいろいろ工夫できると思いますね。日本語だけで提出させると適当に調べて書く恐れがありますから、その時に始めて聞いた、または印象に残った表現を書き留めておくとか、差支えない範囲で名前や住所(市あたりまででいいんでしょうけど)を聞いておくとか。そういうことが結構気軽にできたりしてしまう。出川イングリッシュを体験しながら英語学習なんていかがでしょうか。

もっとも私の場合はフランス語になるので、本当に館林が観光地化してくれないと立ち寄ってさえくれません。フランス人にお会いしたのは足利市駅で切符を買おうとしていた女性ただ一人。もちろん日本語が話せる方でしたからフランス語を使う必要もありません。広島以外ですと秋葉原でしょうか。英語が訳わからないもので、かつアクセントに癖があったのでフランス語しゃべったらビンゴ。これまた「聖地」ですからやっぱりなぁな訳です。

館林の「本当の意味での観光地化」。これが私の今の夢です。シクロツーリズムたたらも、何とか寄与できる立場になりたいですね。大口叩きますが、けん引していく立場になりたい。そう思います。あ、その前に、中学で1コ上だった方が市長やってるんで、まずはそこにもの申すことからでしょうかね。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

昨日の夕方ですが、日没直前の無風コンディションを狙って、久しぶりに紙飛行機を飛ばしてきました。


P1000001

White WingsのRacer554です。実際フライトさせたのは青スポンジ右側のレプリカ機ですが、湿度に気を配りながらの保管が奏功したのか、ちょっと上舵気味での上昇ということ以外全く調整の必要のないほどのコンディションでした。以前フライトさせたのがちょっと風の強いコンディションの時でしたから、失速しない様意図的に上舵気味にしたんですね。最初は湿度による紙の歪みかと思ったのですが、そうではないと確認が出来ました。

さて、これから季節風が強くなるのですが、どれくらいフライトが楽しめるんでしょうか。出来るだけ飛ばしてみたいですね。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

昨日の帰宅はちょっと遅くなって会社を出たのが午後7時半過ぎ。暗くなる前にちょっとぱらっと来たのですが、仕事が終わった時にはすっかり上がっていて、むしろ道路が乾き始めてすらいました。ラッキーと思い自転車にまたがって走り始めたのはいいのですが、北に向かうたびにどんどん路面の濡れ方が酷くなっていきます。ちょっと野暮用で多々良沼近くのセブンイレブンに立ち寄ったのですが、その時は既に雨粒を感じるほどのものが降っていました。

これはゆっくりしてられないなということで、ちょっと気持ちスピードを上げて帰宅を急ぎました。服装は濡れてもいいようなものですし、干しておけば10分もしないうちに乾いてしまうものなのであまり気にならなかったのですが、自転車大丈夫かなと。何だかんだ言ってもメカが露出している自転車にとって、雨は大敵ですからね。


多々良沼に近づいた途端に雨足が強くなったのですが、やはりたんまりと水蒸気を供給する水瓶だからでしょうか。元々湿度が高かったところに追い打ちをかけたのかな、などと妄想をしておりますが、なまじ間違えでもないのではとさえ思っています。明日の日曜日は晴れて欲しいですね。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

関東地方は館林、久しぶりに青空が広がりましたが、やはり不安定な大気はそのままといった感じで、午後に黒い雨雲が局地的に発生いたしました。

私の勤務しているところでは幸い雨が降らなかったのですが、どうやらおよそ5km離れた自宅では、それこそ雷雨となっていたとのことでした。多々良沼という加湿器があるからかもしれませんが、ほんのちょっと離れているだけでも全然天気が変わるということがこのあたりはよくあります。

川に挟まれているという地形も手伝っているのでしょうね。ただ今日はお出かけ日和になるようです。突如の土曜出勤がありますが、とりあえず荷受だけ。すぐに解放されますから、そのまま東京に足を向けたいと思います。自転車に関するお勉強です。

↑このページのトップヘ