カテゴリ: 自転車さんぽ

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

久しぶりに日差しを浴びました。やはり秋なんですね。清々しさを感じる陽気となりました。

ただ、稲刈りがまだの田んぼが多くて、季節的には後ろ倒しになってるんだなという感じを受けました。当然ですが、上に薄いながらも上着を羽織らないと、切る風が寒くて自転車には乗れません。

喜んだのも束の間、また今日から天気が下り坂で雨が続くとのこと。このまま11月に突入、気が付けば晴れていたけれど、すっかり西風が強くなっているという感じなんでしょうか。今年は秋がなくて、夏から一気に冬になるような感覚があります。もう異常気象と呼んでいいレベルですよね。

さて、今日の通勤はいかに。行って参ります。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

先週末からなぜか膝の痛みに悩まされている私ですが、まあギリギリのところで助かっているという感じです。膝を曲げると痛みが走るのですが、ペダリングを許容するだけの「遊び」があるということなんです。

正確に言いますと、乗り始めは痛いんです。でも徐々に慣れてくるので、ペダリング自体で痛みは走りません。確かに伸び縮みが緩やかなので、思ったほど負担がかかっていないんでしょう。一番大変なのは階段を降りる際でしょうか。上りよりも負担が瞬時にかかるせいか、かなりの激痛に見舞われます。当然負担の大きいランニングは論外です。不幸中の幸いです。

もう少し回復までに時間がかかりそうです。お仕事が楽になればこういうこともなくなるんでしょうが、もう少しこの状態は続きそうです。まあ困ったチャンを相手にするのは大変ですね。

さあ、今日も一日頑張ってまいりましょう。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

いや、行ってみたいですね、ここ。ガンダムベース東京。

年代的に、ガンプラ真っ盛りなんです。発売日の前にお店の前で列に並んだことがどれほどあったか。当時のメカデザインにして、エルゴノミックかつ現実的なものがとても印象に残りました。いや、今思えば、二足歩行などわざわざ機械を使ってやることではないだろうと思うのですが、それでも当時は、余りにもリアルな新しい戦争の形態を描写するものとして、幅広い年齢層に支持されました。

まだ今のところ余裕がありませんが、お台場には輪行で何回も行っていますのでいつか行ってみたいですね。ということでしばらくこんな妄想をしながら現実逃避したいと思います。

さて、週の真ん中水曜日。そして実践ビジネス英語の放送。頑張ります。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

いや、昨日は帰宅時に雨に降られてしまいました。それほどの雨量でなかったのと、路面に水たまりがないことが幸いして、何とかびしょ濡れになる前に帰宅できました。

日曜には60km以上走ってたんですけどね。疲れというものが残っているというほどではありません。確かに奏功直後はちょっとしたほてりがありましたが、すぐにそんなものは消え去りました。それほど運動お宅ではない私がそうなるのは、やはり毎日自転車に乗っているという「慣れ」のおかげなのかもしれません。


ロードバイクやクロスバイクではそうはいかないのかもしれませんが、ことリカンベントに着いて申し上げれば、長距離走行に適した、もといそのためだけに存在する自転車ということが言えます。道路という平面と車輪という円が織りなす高効率な移動。そこに、体重を分散させて体を支えるという安楽がそこにはあります。真夏の炎天下で80kmリカンベントで走行したことがありましたが、水分をしっかり摂っていたので熱中症などになるはずもなく、また帰宅後ちょっと足の筋肉がほてりましたが、翌日には全く疲れも残っておりませんでした。ある程度筋肉が「慣れる」ことも必要だとは思いますが、駆動に必要な筋肉以外の負担が圧倒的に少ないということにおいて、私は全く異議を挟みません。それほど高効率だということなんです。

クロスバイクやロードバイクでの長距離移動の際、一番問題なのはサドルでしょう。ほぼ間違いなく股ずれがおきます。いや、股ずれだけならまだいいんです。長期間股間に負担を掛けることによって、男性機能が奪われてしまう悲劇も起きるとのことです。自転車バンザイという訳にはいきません。

まあ別にリカンベントを称賛する訳ではないんですが、それぞれ利点と欠点があるということです。街乗りで短距離の繰り返しであれば圧倒的にクロスバイクの使い勝手がいいんです。ただ長距離となると、脚以外の負担が激減するリカンベントに軍配が上がります。どちらがいい悪いではなく、使い分けることで快適な移動は確保されるということですね。

ただ最近、本当にリカンベントに乗れてませんから、また時間を見て乗りたいと思います。あとは天気との相談ということになりますね。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

はい、行って参りました。葛生の竹ノ屋さん。典型的な佐野ラーメンですが、年を取るとこういうラーメンがおいしく感じるんですね。


さて出発前のショット。


P1000001

P1000002


乗り始めてから失敗したのですが、フラッグを右側につけてしまったせいで、スピードが上がるにつれ後ろにあるデジタル簡易無線のアンテナと接触してしまうんですね。後で左につけ直しましたけど。

道の駅みかもで集合。そこから旧葛生町地区まで山を越えます。館林は山が全然ないのに、隣の足利とか佐野とかはやたらと山があります。まあ私みたいにアマチュア無線やるのには本当にありがたい環境ですけどね。自転車で登るのがちょっと辛いです。

途中雲龍寺で1ショット。田中正造先生が眠ってらっしゃいます。


P1000005

三毳山を抜けるとさらに田舎道が待っております。でもいいですね。緑を見ていると心が癒されます。

P1000009

かなり日差しは強いものの、空の色はまさに秋。かなり湿度が下がってすっきりと晴れていました。

葛の里壱番館到着。昼飯前だというのにかき氷をいただきました。おいしかった。


P1000010

その後竹ノ屋さんでお食事です。内容はご報告の通りです。そして帰り道は旧田沼高校跡を最後に別れて西進。元勤めていた企業さんの通勤路に出てきました。と、その前にこちら。

P1000022

P1000023


田中正造先生の生家です。今日は田中先生に見守られました。ありがたいことです。

リカンベントトライクの低い車高だからこそ、こんな写真も撮れました。

P1000019

意外と自転車自体我写真に写り込むってないんですよね。ということで最後はこれで〆たいと思います。

P1000024

今回走行距離は63.05km。まあまあの距離でした。

↑このページのトップヘ