カテゴリ: 自転車さんぽ

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

さてここ群馬館林も、夏本番を迎えて最高気温も絶好調のようです。仕事をしていて汗が垂れてきます。段ボールに落ちないように注意しながらの作業は、タオルがほぼ離せない状態という感じです。

それでも午前9時くらいまでは、まだ熱いと感じるまでには至らないほどの気温だったりします。さすがに10時を過ぎるとどうにもならなくなります。午後3時あたりは外に出るだけでも気合い入れないと倒れそうです。

やっと週末となりましたが、総合的に考慮すると夏の期間のお出かけは朝に限るということになるようです。ちょっと湿度が高いものの風がなく、また気温もそれほど上がっていないので歩いていても汗をかくことがありません。自転車の場合は、走っている限り問題はないものの、信号待ちなどで停車するととたんに地獄に叩き落されます。(笑)そのあたりは注意が必要です。

以前クルマに乗っていたころは、朝早くに広い空地までラジコン飛行機を持参して、大空に自由に飛ばす快感を享受しながら人がいない状況を利用しておりました。さすがに自転車に変わってから紙飛行機に移った訳ですが、なかなか朝から体を動かしたいという気にならないものですね。まあその前に、湿気で紙飛行機がダメになってしまうこともありますが。ほぼ1か月ほど飛ばしておりませんが、かなり恋しくなってまいりました。ただこの暑さでは、午後遅くになっても恐らく出かける気にはならないんでしょうねぇ。

よい週末をお過ごしください。そしてちょっと気が向いたら、多々良沼の様子を見に来て下さいね。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

あーあ。とうとう言っちゃいました。自転車のアピールをしなければならない立場にも拘らず、何気にdisっちゃってます。(笑)いや、実は全く逆なんです。

自転車という乗り物ですが、およそこれほど効率のいい乗り物はないであろうというほど高効率の交通手段だということですね。つまり

楽して遠くまで移動できる

ということに他なりません。楽なんですから、消費カロリーも少ない訳で、そんなことではダイエット工何かそうそうある訳ないんです。むしろ、「楽に遠くまで」という考え方をメインに持った方が気が楽になります。

とはいえ、ダイエットに無縁のはずがありません。だって運動という要素が確実に存在してますから。ただダイエットに効いてくるのは、自転車で消費したカロリーの累積ではなく、自転車に乗ることで自然と鍛えられ、量が増した筋肉が発生する熱量、いわゆる基礎代謝と呼ばれるものが上昇して、知らず知らずのうちにカロリーを消費してくれるということです。基礎代謝を1日100kcal増やしたとしても、脂肪1gはおよそ9kcalありますので、摂取カロリーを同じくした場合3か月ほどかかる計算になります。しかし、その分200kcalほど摂取カロリーを減らせば、あら不思議、1か月で減らすことが出来ます。言うなれば、痩せたいんだったら食べない、その方が有効ってことですね。

ただしこうも考えられます。日常生活の中に運動を取り入れることで、体のメインテナンスが自然に、かつ負担が少なく行える。基礎代謝アップはそのおまけみたいなものだと考えた方がいいと思いませんか?食べる量を減らして胃腸の負担を軽くし、かつぜい肉も落としてやる。その上で効率がよすぎて運動にすらならない自転車をうまく利用する。きちんと理由づけをすれば、意外と続いたりするものです。

と、他人事のように言っておりますが、私の場合は摂取カロリーをまず減らさないとどうにもならないようです。頑張らないと。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

昨日なのですが、営業時間後にちょっとおつかいものがあったので、営業車であるTOKYOBIKE26を改めて乗ることにしました。

26インチという選択。小さめのフロントギア。個人的に申し上げれば、ちょっとギア比が大きめで軽さ重視なのかなと思いますが、それでもギアチェンジ次第で結構いいスピードが乗ってくれます。平地という条件が付きますが、これは高速移動にはもってこいの自転車ということが言えます。当然、あまり脚力はないということが前提になります。

いつも乗っているクロスバイクは、若干ハイギアードになっていてそのあたり巡航に使うギアが決まってしまっていますが、それはそれで自分の脚に負担がかからないことがわかっているので問題はありません。要は「脚にかかる負担が小さいまま、高速で回転できるか」というところなんですね。これはギアの組み合わせはもとより、タイヤのサイズによっても決まります。脚力は個人差がありますから、実際乗っていただいて、ペダリングの重さを実感していただくのが一番なんですね。

採用しているTOKYOBIKE26とTOKYOBIKEBISOU26ですが、本家トーキョーバイクさんでレンタサイクルされてます。谷中のお店にお問い合わせいただいてみてはいかがでしょうか。以前はお店で直接レンタサイクルが借りられましたが、今は別店舗での営業とのことです。

今日はあまり天気に恵まれないようです。一応営業しておりますが、念のためご利用予定の方は自演のご連絡をお願いいたします。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

さて宴が始まりました。色々了とお酒が並びましたが、やはり高層階ならではの景色を見ながらお酒とはなかなか洒落ているものです。こんな感じです。

P1000019

首都高を見下ろしてます。そしてこんな画も。

P1000034


コンテナヤードのクレーン。やっぱり海なんだなと感じさせる風景であります。

こうして酒がすすむにつれて夜も更けていく訳ですが、不思議と悪酔いしませんでしたね。今まではチューハイ1缶で悪酔いしてたのに。

お米から作る清酒。ワインやビールも発行させてお酒を造りますが、元々米はでんぷんですからね。並行複発酵の奥深さに乾杯。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

清酒利き酒大会の会場なのですが、何とこんなところでした。


P1000018

見えるのはお台場、臨海地域です。天王洲からは真向かいになるんですね。レインボーブリッジは確か品川の近くに伸びていたはず。以前一度自転車で渡ったことがありましたが、基本的に手押しで歩き。真横を猛スピードで飛ばしていくクルマがあって、かなり怖い思いをしました。もう二度と渡るものかと誓ったほどです。

ここはとある高層マンション。さすがですねぇ。セレブ感満載でしたので、終始緊張しまくりでした。思い切り田舎ものを曝け出しておりましたが、群馬に帰ってきてやっとホッと出来ました。

モノレールの線路を何気に写してみましたが、やっぱり海の上を走るのには最適な構造だったんでしょうね。普通の線路ではこうはいきません。


P1000011

残念ながら、今回は都内の移動に自転車を持ち込んでおりますので、乗る機会には恵まれませんでした。それにしても潮の香りがとても印象に残りました。

↑このページのトップヘ