カテゴリ: 趣味の一言

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

昨日はギターのことを随分偉そうに書かせていただきましたが、今日もちょっとお付き合いいただければ幸いです。

昨日はいわゆる耳コピ、耳で聞いた情報を基に楽曲を再構成するということについて書かせていただきましたが、チューニングという、ギターにおいて一番最初に為すべきことをしてしまえば、あとは音にしたがって押さえる場所を探るだけになります。お話したオープンチューニングというものは、言わば「指で押さえない」解放弦の音をいかに組み合わせるかというものなので、押さえる場所が少ないのです。では、オープンでないチューニングというのは何か。そこをちょっとお話いたします。

実はギターというもの、基本のチューニング、いわゆるスタンダードチューニングというものが決まっています。細い弦(1弦)から順に、EBGDAEという音の配列です。すみません。アルファベットで音を表すのかというご質問にはお答えしかねます。探せばすぐに出て参りますので。このスタンダードチューニングですが、種々の和音を考える上で、弦を抑える指を効率的に抑えられるよう考えられたものです。つまり、どのような和音に対しても、押さえる場所同志あまり遠すぎないようになるようなものになっているということです。基本的にギターの楽曲というのは、ソロの曲にしても伴奏にしても和音がベースとなっています。となると、その和音を出すべくいかに効率よく運指をするかということはとても重要なこととなります。ですから、クラシックギターなどはほぼ例外なくこのチューニングを使っています。加えて、弦の張力等の関係でスタンダードチューニング以外のオープンチューニングを使いにくい、というかほぼ不可能という状況なのです。ナイロンが生み出す、低張力でも深みのある音を享受できるクラシックギターは、そもそも解放弦の響きをことさら強調する必要もないのではとも思えます。

さて、ちょっと話がくねくねし始めました。アコースティックギター、いわゆる金属弦が張ってあるギターですが、こちらは弦の張力が高いため、チューニングの幅があります。それを利用しているものの好例として、ハワイアンミュージックなどで使用されるスラックキーというものが挙げられます。最初から解放弦で和音に合わせてしまうというもの。ただそうするとあるパターンにのみ強みを見せるものの、いわゆる一点突破型で融通が利かない。そういうところがあるんですね。ですから、曲に合わせてチューニングを変えたりとか、まあ言わば邪道なことを楽しめる余地があるということも言えます。

ただ、鉄弦の織り成す箱鳴りは、やはりアコースティックギターの魅力の大部分を占めるものでしょう。それを堪能できるのは、やはり解放弦中心のオープンチューニングとも言えるんではないかと。まあ人に寄っては、あの残響音がしつこいということもあるんでしょうけど。2本あるギターですが、片方はオープンチューニング(モーダルにしていることが多いです)で、片方はスタンダードチューニングにしております。まあチューニング合わせる手間も省けますし。(笑)

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

昨日はちょっとギター、こと耳コピについてちょっと書かせていただきました。ということで、この勢いを借りずにはいられませんよね。で続編でございます。

さて、楽譜に起こすといっても、本当に大事なのはチューニング、いわゆる「どの弦がどの音」なのかということを確定する必要があります。もちろん「解放弦」の音、つまり左手で弦を抑えることなく、右手だけで引いて自然に出てくる音を探ることから始める訳です。あとはいちいち場所(フレット)を抑えて、同じ音をさ探せばいいだけの話です。

実はここでちょっとした小技を使います。勘のいい方は「そんなのは小技とは言わない」と全否定されるでしょうね。だって私も恐らく立場が違えばそういうと思います。(笑)ただ敢えて言えば、前述の解放弦の音と、左手の指で押弦した音とは、明らかに違いがあります。一応同じピッチの音のはずですが、含まれる倍音(まあ大雑把に言って、ちょっとした雑音ですね)が違うので微妙に違いを感じることが出来ます。高校の物理では、このあたりはきちんとお勉強するんですけどね。弦の音の高さは、張力と長さで決まりますから。2つの条件がうまく合えば、それぞれが違っていても同じ音が出ます。ただそれでも条件は違いますから、違うところでやっぱり差が出るという訳です。

ちょっと難しくなりましたが、要は「解放弦は伸びのある音」で、「押弦した音は緊張感がある」感じなんですね。言葉の説明はちょっと難しいんですが、そうした違いを実際ギターの音を鳴らしてみて感じてみるといいと思います。その音の違いを覚えて、今度は楽曲でそれを重ねあわせる訳です。すると、この音は解放弦、この音は押弦の音と区別でき、6本の弦すべての解放弦の音がわかることになりますから、チューニング解析ができるということになります。

ふー。ちょっと力んでしまいました。お分かりになったかなとちょっと不安ですが、コメントをお寄せいただければご質問等お答えできるかななんて思っております。それではまた次回に。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

さてタイトルに耳コピなる言葉がありますが、これいかに!ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、要は耳でコピー、つまり楽譜がない楽曲に対して、耳で聞いた音を基に楽譜を起こす、もしくは演奏を行うというものです。難しそうに見えますが、ギターの場合は意外と簡単だったりします。

いや、ピアノだって音数が少なければできますよ。というかむしろギターよりさらに楽だったりします。ピアノは1つの鍵盤に1つの音が割り当てられていますから、その音を聞き取って楽譜に記譜をすればいい訳です。ギターの場合は、違う場所を押さえても同じ音が出ることがありますから、これまた厄介です。ですが、実はそんなことだってきちんと押さえる場所まで特定できたりします。

まあこんなブログでも音楽に詳しい方がご覧になるかもしれませんので下手なことは書けませんが、楽譜集を出さないというアーチストの方に代わって自分で楽譜を起こしてしまおう、そんなもの楽器の楽しみ方としてはあると思います。かく言う私もその一人ということになりますが、難しくないものの結構地味な作業が多かったりと時間はかかりますね。一気にやりきる気力さえあれば何とかできますが、最近は途中で途絶えてしまうことが多くなりました。

ということでちょっとさわりだけ書かせていただきましたが、シリーズという大それたものではないものの、少し今までやってきた方法について書かせていただければと思います。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

最近またギターを弾き始めました。私のギターはテイラーの814cというモデルで、プリアンプの内蔵されていないもの。テイラーにしてはちょっと珍しいものになりますね。グランドオーディトリアムという大きめのボディーが気に入って購入となった訳ですが、マーチンD-18のマホガニーサウンドが今更ながら懐かしく思えます。一番最初に購入したD-18でしたが、さすがに3台持ち切れず売ってしまいました。もう1台D-28がありますが、こちらはちょっとメインテナンスが必要なほどのコンディションとなっております。

ちなみに引いているのは、ギターのインストゥルメンタル、つまり歌なしの楽曲ですが、チューニングもオープンチューニングのものがほとんどです。オープンチューニングですから、コードの制限はあるものの比較的指使いが楽になります。かと言って、右手の指のタッチがいい加減ですと、音にも影響が出ますからそうそう楽でもなかったりします。

余り時間が撮れる訳ではありませんが、現状維持を目指して爪弾いて行こうと思います。まだまだ湿度が高くて、紙飛行機同様あまりいい季節ではありませんが。秋から冬にかけてを逆に心待ちするかの衝動がよぎることもあります。

ただ寒いのも嫌ですけどね。指自体が動かないですし。(笑)

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

来週の土曜夜から日曜の午後まで、ライセンスフリー無線(市民ラジオ、特定小電力無線、デジタル簡易無線)のイベントであるSV(サマーバケーション)というイベントが開催されます。去年の今頃はまだデジタル簡易無線を登録しておりませんでしたから、初めて迎えるイベントとも言えます。さて、体調次第とはいえちょっと普段いかないような場所に行ってみようかな、などと一応は考えてみるんですが、さてどこがいいでしょうか。

自転車という手段を絡めますと、標高からするとやはり赤城山ということになります。前橋駅まで輪行、そしてそこから赤城山頂直通バス利用でさらに輪行。鳥居峠あたりでの運用ということになりますが、さてそこまで人気の高い場所でのんびりとCQが出せるか。恐らくダメでしょう。近場でも足利の大岩山やら太田の金山でも恐らく移動運用される方はいらっしゃる。穴場というところがほとんどない中で、場所選定はかなり苦しむのではないかと。毎度の織姫山でも行ってやろうかという感じになってしまいますね。

まあ後1週間ありますので、ちょっと場所をいろいろ考えてみたいと思います。

↑このページのトップヘ