カテゴリ: 趣味の一言

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

雨の後はちょっと肌寒い気温が続いているようです。朝の自転車ですが、ペダルを回していると体は温まるのに手先などの末端はどんどん冷えてきます。当然発生する熱の量が体の部分で異なるための現象と言えますが、桜が咲いてまだなお手袋は必要だなと思います。風があるせいで気化熱が余計にかんじられるのでしょうけどね。

ところで私は、家族との連絡用にデジタル簡易無線というものを使用しています。免許不要で登録の申請だけすればすぐに使えるようになります。家と自転車とそれぞれ無線機を設置、到着時に知らせるという方法を取っています。自転車は必ず停車してからの通話になります。そうでないと危険ですからね。

ちょうど月曜日あたりから調子が悪くなり、電波が飛ばなくなりました。呼んでもおうとうがありませんし、電話で確認しても音が出ている様子ではありませんでした。さてどうしたものかといろいろ弄り回していると、無線機とアンテナを結ぶ同軸ケーブルというものがあるのですが、その先端に取り付けてあるコネクターというところで線が切れていたことを発見しました。当然それを補修するのですが、やはり状況が改善しません。相変わらず無線機はうんともすんともいいません。しばらく頭を抱えておりました。

さてどうしたものかと頭を抱えていたところ、ふとしたはずみで反対側の同軸ケーブルのコネクターが手に触れたのです。ただその時の感触が変でした。妙にグラグラするのです。あれ、と思いコネクターを捻ってみると、左右にぐるっと回ります。なんとこちら側も断線していたのです。ダブルで同じ断線が起こるなど珍しいケースと言えますが、こうなってしまうと原因究明に時間がかかりますね。ただそれでも、地道にあたったからこそこうしたレアケースも見抜くことが出来たと言えるでしょう。

楽したいのは常ですし、敢えて辛い思いをする必要があるのかと思うこともあります。無駄に辛いことなどやる必要がある訳がありません。苦労はその先に何か見えるからこそやる訳ですよね。無駄は切り捨てて当然。ただ苦労を無駄だと単純に切り捨ててしまうのはどうかと。意外とそのあたりに、物事に対する重要なことが隠されていたりします。仕事でも同じことだなあと特に今回は思いましたね。

さて、快適に無線が使用できるようになりました。これで一気に携帯代節約です。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

さて、アマチュア無線において悩みの種というものがあります。それは、

スプリアス基準の変更に伴うルール順守

ということになります。そもそもスプリアスとは何ぞや、というご質問があると思いますが、大雑把に行ってしまうと、

本来必要とされない周波数の電波が漏れてしまうこと

と言えます。無線機というのは単純に1つの高周波(電波と言ってもいいのですが、出力が小さいので言い方を変えました)だけを使っているのではなく、複数の周波数の高周波を混ぜたりして使用しています。性能を上げるためにはそういうことも必要ということですね。となると、本来必要でない周波数の高周波を漏らさないように、外に出て行かない仕掛けをする必要があります。まあこれは昔も今も同じなのですが、要はその基準をもっと厳しくするぞ、ということなんです。となると、今まで使っていた無線機はそのままではつかえなくなるぞ、ということでもあります。

ただし、基準が厳しくなったとはいえ、無線機自体の性能が元々優れている故に、新しい基準もクリアしているという場合があります。そういう場合は一応保証を付加して、継続して使えるようにしようではないかという動きが「スプリアス確認保証」という制度になります。私も製造されてから35年以上経っている無線機を現役で使用しておりますが、もうその当時でも最新のスプリアス基準を上回る性能を既に持っていたということなんですね。ただ、認定をした基準が古いのでいくら優秀でも認定自体が無効になってしまうということですから、新しい基準で認定してあげれば問題なしということです。

無事所有の7台の無線機のスプリアス認定保証がいただけました。ということでその確認書がこちらになります。

スプリアス確認保証通知書修正済001


スプリアス確認保証通知書修正済002

いずれも25年以上昔に製造、販売された無線機ですが、見事基準以上の性能を持っているということになります。この中で一番新しい無線機はFT-817というものなのですが、基盤もガラスエポキシとなって信頼性が増しているだけでなく、チップ部品も小型化して省電力化されているので、終段トランジスタが弱いという点を除いては故障しらずです。こんなに壊れなくてよく商売になるなと首をかしげたくなるほどです。

天気がちょっと変わりやすいですが、部屋に籠って電波を飛ばし、お話を楽しむのもいいのかもしれませんね。 

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

今回ちょっと新しい試みとして、Youtubeの動画をアップしてみたいと思います。

 

 日向橋のたもとにあるグラウンドゴルフ場ですが、昨日は幸運にも利用者がありませんでした。ということでラジコンカーを少し走らせてみたんです。

カメラを右手に持ち、左手だけで操作するのはなかなか難しいものです。ただこうしてラジコンカーを楽しめる場所があるのも、多々良沼周辺だからということもあるようです。こうした広場的な施設が結構あるので、紙飛行機やらラジコンカーやらという、結構場所を取りそうなものでも楽しめたりします。あ、この後紙飛行機も楽しみましたよ。

 自宅周辺の2kmだけ見てみても、私にとっての「遊び場の宝庫」としか思えないんです。無線も自転車もラジコンも紙飛行機も全部楽しめてしまう。いや、せめて自転車だけでもこの楽しみを共有したいと思っております。

来週の営業はちょっとどうなるかわかりませんが、ぜひお越しいただいて自転車を楽しんでいただきたいと思います。ご希望であれば、無料でガイド差し上げます。もちろんリカンベント試乗のおまけつきです。皆様のお越しをお待ちしております。 

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

昨日は自転車通勤のことを少し書きましたが、そのついでにやっていることもあるんです。実は表題にも書かせていただいたデジタル簡易無線なのですが、免許不要で登録するだけで使用できる、かなり便利な代物なのです。

私はそれを自転車に装着して、出発と到着の合図に使っています。出力が5Wまで許可されていて、外部アンテナを付けることで通信距離を伸ばすこともできます。私は自宅にアマチュア無線用のアンテナ取り付けにコンクリート柱を立てて使用しておりますが、デジタル簡易無線のアンテナも、それこそ地上高8mほどのところに取り付けることが出来ております。恐らく半径10km程度は通信可能ではないかと思います。これって結構使えると思いませんか。

5Wという出力ですが、余りある出力ということも言えます。八木アンテナを使用すれば、実質出力が10倍ほどにもなる方向が出てきますので、電波の伝播実験などやるのも面白いですね。こんな飛び方するのはなぜなんだろうと、ちょっとした自由研究気分で楽しめます。

お値段がちょっと張るのはいただけませんが、それでも使い方を見据えたのなら損ではないと思います。遊びだけで割り切って使うのもよしですが、ついでにお仕事の連絡用に使ったりと、元を取る方法はいくらでもありますから、携帯電話もいいんですがそれこそ通話代節約にもなりますのでご検討の勝ちはあると思います。

外は今雨ですが、このブログがアップされる朝までにはやんでいることを祈りつつ、また自転車で通勤で来ていればなあなどと思います。 

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

 昨日は臨時休業をいただきましたが、とりあえず予定していたことがキャンセルになり、はてどうしたものかと思っていたところ、それなら足利の織姫山にでも上ろうかということになった訳です。

織姫山は標高108mの低山で、私のような貧脚でも自転車で十分上ることが出来ます。山頂近くにある見晴らし台からは、東から南東方向を遠くまで見渡すことができ、初日の出などもしっかり拝める場所となっています。

P1000005

あの森高千里の歌で有名になった「渡良瀬橋」も眺めることが出来ます。ちょっと木が邪魔ですけど。

P1000006

銀色の、色気も何にもない橋で、ただ今工事中です。

さて、ここで何をしたかというのですが、デジタル簡易無線の運用です。

P1000008

免許不要の無線で、用途は特に限定されないので、仕事はもちろん交信を趣味とする人々、いわゆるフリラーという方々の趣味にもなっています。そのフリラーの方々と交信をする訳ですが、この100mくらいの標高が混信回避と遠距離通信のバランスがうまく取れている高さなんですね。しかも自転車で気軽に上ってこられる。当然自動車で上まで来られますが、自転車でなくて歩いてもよし。東武伊勢崎線足利市駅から徒歩10分で麓まで、そして階段を上って織姫神社経由でこれまた10分ほどで登れる場所となっています。昨日も多くの方々が景色を楽しみに来られていました。是非一度ご覧ください。

来週はきちんと2日間とも営業できますように。 

↑このページのトップヘ