カテゴリ: 趣味の一言

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

今日から6月ですね。梅雨入り目前にして当然のごとく雨が降りがちなどんよりとした曇り空が当たり前に思えてきました。しばらく前のカラット乾いた晴天は、やはり梅雨に入る直前の特有の天気だったんですね。ああいう天気がずっと続けばいいのになと勝手なことを言っておりますが、まあ物事は一元的な価値観で収まるものではないですから、雨が降る時期にはしっかり降ってもらわないといけないということなんですよね。

さて、ちょっとアマチュア無線関係で少々。ハンディー機で長時間送信しますと、結構熱を持ちます。電力増幅をする際にどうして無駄な分が熱として排出され、それが筐体を温めてしまう訳ですね。温まることによって放熱を同時にしているのですが、放熱よりも発熱が多くなってしまうことが多々ありどうしたものかと思っておりました。するとふとアイデアが。バッチリでした。
DSCN0785
DSCN0786
ハンディー機の後に、ダイソーで買ってきた300円USBファンを置いてみました。スタンドを引っかける形で固定してみたところ、風のあたり具合もいい場所に置くことが出来ました。さすがに30分も連続使用していますとどうしても少々暖かくなってしまいますが、十分実用になると感じました。今後はこのシステムで運用をしていきたいと思っています。

ハンディー機を固定している台ですが、以前無線周辺機器メーカーから製造販売されていたものです。今はその需要がないせいか型落ちになっていますが、結構使えます。ただ代用品も安く手に入ります。同じくダイソーでブックエンドが売っていますが、小さめのものを選んで同じように使うことが出来ます。ハンディー機の後に付いているクリップを、ブックエンドの立ち上がっている爪に噛ませて挟みます。垂直だと画面が見ずらいので、少し気持ち斜めにしてあげます。その後ろにこのUSBファンを置いてあげれば完成ですね。恐るべし100均です。大抵の者が代用出来ちゃいますからね。しかも500円以内あたりで。

さて、お外で遊べない分、室内で遊ぶことになりますからね。無線はもってこいです。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

とにかく輪行は楽しいのですが、その後のダメージも大きいので体のケアもおざなりにできません。いや、若い方ならそれでもいいんでしょうが、年を取るとどうしても必要以上に負荷がかかり過ぎることは多いですね。今回のヒルクライムもちょっと厳しいかなと思うほどでした。

それでもこいつは頑張ってくれました。購入してそろそろ20年ほどになるクロスバイクです。
DSCN0749
色々補修部品は交換しておりますが、フレームはクロモリ鋼でちょっと重いながらも丈夫で長持ちしています。コイツで名古屋にも輪行しました。新幹線の一番後ろの席を予約、壁との隙間に自転車を押し込めば、盗難の恐れもありません。やろうと思えばできるものなんですね。去年は実現ならずだったのですが、今年は一昨年に引き続き名古屋行きをやってやろうかと。

今年はもっと自転車を、今まで行ったことのない場所に連れて行ってやりたいと思っています。例えば東北方面。私の苗字の発祥がどうやら福島・宮城方面らしいのですが、地名などゆかりのある場所にも足を運んでみたいと思っています。アマチュア無線を楽しめる環境ならなおのことですね。まずは郡山あたりから攻めたいと思っておりますが、その前にちょっと輪行抜きでやりたいこともありますので実現するかどうかはわかりません。でもいつかはやりたいですね。

そろそろ梅雨入りが噂される時期になりました。6月中はとりあえず我慢です。ただ7月は既に東京ビッグサイト宛都内輪行の予定を入れております。8月は同じく東京ビッグサイト宛の輪行でハムフェア参加。梅雨明けを楽しみに、梅雨の時期の楽しみ方をいろいろ考えたいなと思っております。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

まだ腰の痛みがちょっと残るのですが、いい加減ご報告をと思いまして書かせていただきます。朝早く自宅を出て、輪行から自転車でのヒルクライムを行ってきました。もちろん目的はアマチュア無線の山岳移動運用なのですが。ということで、秩父の美しい謝写真をご覧いただければと思います。

午前5時35分、多々良駅から浅草行きに乗って羽生まで。清々しい晴れの朝でございました。

DSCN0730
赤城山はちょっと霞んでました。朝のうちはかなり涼しかったですね。むしろちょっと肌寒さを感じるほどでした。
DSCN0731
羽生駅は結構ハイカラなデザインになっていて、連絡通路はステンドガラスがありました。DSCN0732
そして窓口で購入したのはこれ。秩父路遊々フリーきっぷ。DSCN0734
土日限定ながら、前線乗り降り自由なので往復料金よりだいぶお得です。正規の料金を支払って、堂々と安く乗る。これが賢くて鉄道会社にも優しい乗り方と考えております。

さて、電車に揺られて1時間半、午前8時ちょっと前に大野原駅に到着。寄居駅を過ぎたあたりから随分山が多くて目の保養になっていたのですが、やっぱり秩父は違います。DSCN0747
DSCN0748
途中横瀬川を横切る語歌橋からの景色、去年もですがとても感動させてもらいました。DSCN0751
こんな景色がごろごろしてますからね。さすが土屋太凰ちゃんがちちんぶいぶいと宣伝していただけのことはあります。

ここから県道11号線をひたすら上るのですが、ただの苦行です。途中からの景色を少々。
DSCN0752
何とか定峰峠に到着。ここまででも相当しんどいですけどね。まだ先があります。ここは、秩父側からの上りと小川町側からの上りが合流するところで、場所としては東秩父村にあたります。
DSCN0753
ここから先は剣道を離れ林道になります。途中未舗装の部分もあったりとちょっとひやっとすることもありますが、まあゆっくり行けばいいという程度の意識で無理せず進みます。DSCN0754
さて白石峠到着です。ここまでは結構自転車でヒルクライムする方が多いんですよね。峠の移動茶屋もオープンしておりました。
DSCN0755
DSCN0756
さて一路堂平天文台を目指して進みます。去年は確かここでアイスかったんですよね。今年は補給用飲料をいっぱい持っているのでパス。しばらく進むとパラグライダーテイクオフが見えてきます。
DSCN0757
確かこのあたりに堂平レピーターがあるはずなんですが、ちょっとアンテナを確認できませんでした。

イベントに参加し帰宅する前に一応堂平天文台を見てみようということで、会場からさらにちょっと上に上りました。

DSCN0776
DSCN0777
東側は開けていて、素敵な展望を目にすることが出来ます。ここは天文台で天体観測にはもってこいの場所ですが、夜に夜景を見ながらちょっとロマンチックな雰囲気に浸るのもいいなと。
DSCN0779
実はパラグライダーのテイクオフ、ちょうど先ほどの場所と反対側の方向に向いたものもあったんです。
DSCN0782
DSCN0781
ただし、芝生養生中とのことで使った形跡はほとんど見られませんでした。ギリギリまで近づいて果報を望んで1枚失礼しました。
DSCN0783
そして帰路はひたすらダウンヒル。楽ではありますがスピードが出過ぎてしまうのでそこそこブレーキをかけてスピードダウン、そして対向車に注意しながらの運転となります。ちょっと出発時間が遅くなってしまい、予定では秩父駅まで自走してそこから急行秩父路に乗車というプランを考えていたのですが、確実に間に合わず結局また大野原駅まで戻ることになりました。まあちょっと計算違いとなりましたが、とても楽しい1日を過ごすことが出来ました。疲れましたがそれを補って余りある楽しさでした。

そして大野原駅に別れの挨拶を。
DSCN0784
羽生駅と館林駅の連絡がよくて、多々良駅には午後6時半ごろ到着となりました。まだ明るいうちに帰宅で来てホッとしました。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

無事帰還いたしました。両腕と顔がまた日焼けの度合いを増しております。頭の上と下で色が違うというのは、結構恥ずかしいものですね。

さて、何とか山頂まで登ったものの、やはり開始時間に間に合わず遅刻となってしまいました。もう始発に乗ってこのザマですから、どうにもならないですね。それこそ前日入りしないとダメってことです。今回のようにイベントが重なっていてチェックインしなきゃってことになると、当日の午前には山頂にいなければいけませんし、それもありかなあと。あ、当然イベントが重複しているという条件付きですが。

とにかく無事帰ってきました。ただ腰と足の痛みが尋常でないので、一晩経って落ち着いたらまた詳細のご報告をさせていただきます。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

あ、ご連絡が当日になってしまい申し訳ありません。本日5/27(日)ですが、堂平山でのイベント参加のため終日対応不可となっております。携帯は持参しておりますが、何せ山の上にいる関係でつながらないことがあるかもしれません。その際はご容赦いただければと思います。

さて、本エントリーの公開時刻あたりには、絶賛秩父鉄道乗車中ということになります。午前8時前に登頂開始。予定では午前10時あたりに到着してしばらくデジタル簡易無線運用、その後アマチュア無線をちびりちびりやりながら移動運用セミナー聴講ということになります。

イベントの様子は、後ほどご報告させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ