カテゴリ: ごあいさつ

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

Yahooの天気予報信じてたんですけどね、大外れですよ。降水確率50%でしょ。で、今日は70%とか鳴ってた訳で、当然天気がぐずつくと思うじゃないですか。そしたら全然です。まあいい塩梅の晴れ具合。当然快晴ではありませんでしたが、それでも相当晴れ間が見えた空になりました。どうなってるの・・・。

恐らく今日は雨になるでしょうね。というか、ちょうどギリギリのところなので予報が難しかったんだろうと思います。まあ50%と言えば五分五分ですからね。降っても降らなくてもごめんなさいというレベルですから。前線がちょっとでも北上していたら、あの蒸し暑さからして確実に雨だなというところです。恐らく台風もやってきていて前線は北上せざるを得ませんから、今日は恐らく雨降るでしょうね。朝イチから雨の予報です。このエントリーが公開される時間には、既に雨ということです。

まあお仕事という方が多いのでちょっとは救いなのかもしれませんね。雨と言えば私の場合自転車なので相当制約を受けることになりますが、どうも「エンジン付き」という条件を足せば、かなり快適に移動できるということがわかりました。またその件については後ほどのエントリーで。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

3連休のお天気、どうもはっきりしませんね。日曜日にちらっと日差しがあったかなと思いきや、やっぱりすぐに曇ってしまいました。どうもしばらくこうしたはっきりしない天気が続くようです。

天気図はどんなだろうと思って、Yahooさんのところから画像を拝借しました。あ、問題あったらご指摘ください。
weathermap00
ありゃま。前線がしっかりありますね。一応少し南下しているおかげで雨が降らずにいるという感じになってますね。で、ちょっと時間を送って26日水曜日の予報図を見てみるとこんな感じになってました。
weathermap72
高気圧が張り出してますね。予報でもそうなっていたんですが、関東・東海を除く各地ではおおむね晴れ、ただし関東東海は前線から近いこともあって曇り時々雨の予報となっていました。まあ、すぐ南には台風もありますし、たっぷり暖かくて湿った空気の供給源となっています。もう9月の下旬ですが、すっきりと晴れた青空を拝むのはもう少々時間がかかるようです。エルニーニョ現象の影響ということもあるそうです。ちょっと海水温が上がるだけでも、地球規模となると相当のエネルギーとなりますからね。ただ、これ以上不要な雨はご遠慮いただきたいと。大雨で散々な目に遭っておりますので。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

昨日のエントリーでお約束した通り、当日の取付を行いました。まずご覧いただきたいのは、取付前の旧スタンドの状態です。
DSCN1522
こう見ても何がダメなのかわかりませんね。症状としては前後にグラグラしてしまうのですが、取り外すとその原因がはっきりわかります。まずこれ。これはグラグラの原因ではありませんが、力が加わって曲がっているため金属疲労を起こしている可能性もあり、交換対象といたしました。
DSCN1524
クイックリリースシャフトとレバーです。真っ直ぐにしようかとも思ったのですが、余計強度が下がっても困るので交換することにしました。そしてスタンドが前後にずれる原因となった、フィッティング金具です。
DSCN1523
ピントがずれていてすみません。圧入するので、フィッティング金具とスタンドが一体化しております。中央部の白く光った丸い部品がフィッティング金具となります。自転車本体のチェーンステイリアエンド部の溝にこのフィッティング金具の下部がぴったりと入ることで、スタンド自体も固定することになるのですが、ご覧の通り擦り減ってしまっていて幅が狭くなっており、リアエンド溝と隙間が出来てしまうためどうしてもぐらつきます。それではスタンドの体を為さないため、こちらの交換がメインということになります。

取り付ける前に、足の長さを調節しておきます。伸縮部分の六角ねじを緩めて、古いものと並べて長さを合せてからねじを締めて固定します。
DSCN1525
DSCN1526
そしてフィッティング金具をチェーンステイリアエンド部にはめ込みます。わずかに隙間があるのは仕方のないことで、ちょっと揺らすだけで落ちてしまいますから慎重に作業を進めます。
DSCN1527
ご覧いただいてお分かりの通り、フィッティング金具にはギザギザがついていて、このおかげも相まってキックスタンドをしっかり固定する訳です。そしてレバーのついたシャフトを、スプリングを間に忘れずにいれて挿入します。
DSCN1528
その際、レバーは緩めた状態にしておきます。この状態では見えませんが、スプリングはレバーの隣にあるブッシュの内側に入っています。今度は反対側に、スプリングとナットをかまして締めていきます。
DSCN1529
手締めでとりあえず最後まで回します。今度はレバーを上げて締めながら、ナットを緩めてあまり力が入らなくてもレバーが締まるようなテンションになるように調節します。

そして完成です。
DSCN1530
最初の写真と見た目全然変わらないんですけどね。今度はスタンドがしっかり固定するようになりました。今まではぐらついて自転車が倒れることすらありましたが、今度は大丈夫です。直近で10月14日に輪行を予定しておりますので、威力を存分に発揮してくれるものとと思っております。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

昨日ご報告いたしましたキックスタンドが到着しました。こちらです。
DSCN1521
BikeguyというブランドのQRstandという商品です。ご覧の通り、クイックリリースの車輪に取り付け、車輪取付時に同時にスタンドも固定してしまうという、まさに目からうろこの商品なんですね。まあ難点を言わせていただければ、ちょっと耐久年数が短いかなというのはありますが、それでも2年くらいはハードに使えますからそれでよしとしています。

出来れば当日中に交換したかったのですが、ご存じの通り関東地方は終日の雨。少々濡れるだけとはわかっていても、やはり濡れるのは嫌だなあというのが本音です。ということで、天気予報でも雨が上がっていることになっている今日、取付となる訳です。(あくまでも予定です)

なぜクイックリリースに固執するかですが、やはり輪行の際キックスタンドを気にせず車輪を外せるというのはあります。大抵のキックスタンドは、シートステイに取り付けるスタイルとなっていて、輪行の際収納寸法に収まらないため取り外しが必須でした。これではダメです。その回避策としてセンタースタンドも一時期使用しましたが、こちらはこちらで、専用の取付場所がないおかげでしっかりと固定することが出来ず、使用の度にずれてしまって、おまけに塗装まで剥がしてしまうという事態に至りました。やはりこのキックスタンドに出会えたのは何よりのことだったんです。

どうせ取り付けるなら、その様子をブログでもと思ったのですが、ご存じの通りの雨ですから断念となった訳です。ということで取付の様子のご報告はしばしお待ちください。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

昨日ですが、やはり都内で大雨が降ったそうです。余りいいことではありませんが、都内の大雨というのは何となく定着さえしてしまった感がありますね。夕方は気を付けないとという感じで。都内の道路が川になっていて、その水が地下鉄の駅の入り口から入り込んでいる様を見てただただ驚きしかありませんでした。群馬館林もかつては水害に悩まされた土地ではありますが、今のところ治水事業が充実しているおかげで大きな被害は免れております。

それにしても雲の状況がすごいんです。昨日ですが、日本のブラジルとも言える大泉町まで自転車で行ってきたんですが、その帰りに何気なく空を見上げたら入道雲。つまり積乱雲が出来てるという訳です。これはざっと降るなと思い、慌てて自宅に帰りました。雨の降りはじめは予報通り日没前後となり何とか雨に打たれずすみましたが、こういう天気が続くと気が気ではありませんね。

前も申し上げましたが、まだまだ夏の高気圧が中途半端に張り出しているおかげで、大陸から来た高気圧とぶつかってそこに前線が出来てしまうという図式ですね。秋雨前線は一時的に消えている状態になっていますが、基本的な構図が変わった訳ではないということですね。残暑が戻ってきたり、かと思ったら雨が続いたりと、基本的には熱い高気圧と冷たい高気圧のおしくらまんじゅうが続いていて大気の状態はとても不安定だということは心に留めておく必要があるようです。

最近出不精になってしまいましたが、気が付けば今週末は市議会議員選挙があるんですね。明日のうちに不在者投票済ませてしまおうかとも思っております。そうですね、雨が降らないうちにさっさと終わらせておこうと思います。

↑このページのトップヘ