カテゴリ: 愚痴ですが、何か?

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

どうやらツイッター界隈では、こんなのがバズってるようです。


国際信州学院大学HP

まあ手が込んでますね、このページ。はい、もちろんこの学校は架空のものです。一見見間違えるほどよくできているのですが、まず怪しいところは

国際を謳う大学がなぜフランス語推しなのか

です。普通は英語ですよね。フランス語は確かに国連の公用語としての地位もありますし、郵便ではやはり圧倒的に使用されます。現に、航空便は朱書きでAIR MAILと英語で書くこともできますが、同時にフランス語でもPAR AVIONと書くこともできるんです。ただそれだけの話。私もここで随分愚痴っておりますが、フランス語が出来て得したことと言えば、パン屋とケーキ屋で書いてあることが読める程度の話です。少なくとも国際という話題で出てくる言語ではないということです。

ついでに申せば、ページ右上のバナー、「為せばなる、為さなくてもなるようになる」もとても香ばしい表現ですし、加えて"Les chose sur cette page sont fictives."とあるように、「このページの内容は虚構です。」と明記してあります。ここまで来て「あ、ジョークなんだな」とわからないとダメなんです。相手の言い分からしたら、「え?フランス語で書いてありますけど何か?」で終わり。翻訳ソフトにでも入れたら意味わかるでしょうで済まされます。それをやらない人が多くて、随分釣られてしまったみたいですね。ご愁傷様です。この時ばかりは、己のフランス語を褒めてやりたくなりましたよ。伊達に仏検の準1級まで頑張ったんじゃないぞと。

そしてこちらはうどんや蛞蝓亭のツイッターアカウントです。

うどんや 蛞蝓亭


先の国際信州学院大学に絡めてのツイートが多く出ていますが、まあこれも一種の戯れです。にもかかわらず、50人予約キャンセルだのいろいろお騒がせな内容が書かれていて、またこれに釣られてしまう方が大勢いらっしゃったんですね。国際信州学院大学っていう学校はちょっと前から変だよなと噂になっていましたから、この校名を聞いたところでおかしいと思わないといけません。また、いきなり校名を出しての苦情はあり得ませんよね。

思うに、これはネットリテラシーだけの問題ではないと。日本人の語学に対する鈍感さがいかほどなものであるかということが、実は明るみに出たのではないかと。この国は、英語英語と随分騒ぎ立てて、英語に関してはいろいろ取り組みますね。ただ他の外国語はどうでしょうか。フランス語やドイツ語はどこで学べるか。恐らくここ群馬館林のような場所ですと、NHKの語学講座ということになります。奇遇にも、館林にはフランス語の教室があるそうですが。

PETITE USINE

とにかく英語は独学でどんどん進められる環境が整っていて、至る所でその能力を試される場があります。がしかし・・・・・。その他の言葉はというと、残念ながらそういう機会すらありませんね。敢えて言えば、中国語はまだ需要があるというところでしょうか。中国への進出企業は当然でしょう。それでも通訳翻訳は、現地中国人従業員の語学能力に頼るということですから、やはり相当な語学アレルギーなんでしょうね、日本人って。

さて、私は資格試験がひと段落したところで、また語学を始めますよ。フランス語は教材次第ですが、ドイツ語は少し気合入れてやりたいですね。それとスペイン語も。あ、ロシア語はちょっとおいておきます。余りにもなじみがなさ過ぎて一度挫折しておりますので。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

やっと届きものがありました。まずはこちら。
DSCN0614
まさかの連休前故障。連休だからこその稼働が出来なかったのは悲しかったですね。まあその分気分を切り替えて資格試験の学習と他のトランシーバーでの楽しみ方にシフトした形で何とか乗り切りました。ちょっと天気に恵まれなかったおかげで、デジタル簡易無線もあまり楽しむことができませんでした。アンテナは設置してあるのにケーブルがダメでしたからね。そちらもやっとこさ交換して使用の目途が付きました。

さて2つ目はこちらです。ヤフオクです。
DSCN0615
3冊とも古い書籍になりますが、3冊合わせて3400円とお買得の値段。相場では1冊3000円程度の値段が付いておりますので、お買い得だったかなと。確かに状態は最高という訳ではありませんが、ページの欠けがないというのは大きな収穫です。こちらは未開封のまま保存用という形にしたいと考えております。この「よく飛ぶ紙飛行機集第1~7集」は、紙飛行機を騙るうえで非常に重要な内容を含んでおりますので、やはり手元に置いておきたいところです。ただあまりお金をかけられる訳ではありませんから、ほどほどにしたいとは考えております。

連休の不完全燃焼を、今後完全燃焼に替えるべくいろいろやってやりたいと思います。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

単位というのは、状況の程度を知るためには必須のものさしですが、中には複雑でよくわからないものも多いのではと思います。長さや重さ、そして速度などは馴染みがあるでしょうが、さすがに光りや明るさに関する単位は馴染みがありそうでないんではないでしょうか。

ちょっと例を挙げてみると、ルーメン(lm)とルクス(lx)というのが、敢えて言えば一番馴染みがあるのかなと。私も昨日学習したばかりなのですが、光に関してはいろいろあるんですね。


放射束  ワット(W)
光束  ルーメン(lm)
光度  カンデラ(cd)
照度   ルクス(lx)
輝度   カンデラ毎平方メートル(cd/m2)
光束発散度  ルーメン毎平方メートル(lm/m2)



随分いっぱい出てきました。まあ全部説明してもややこしいだけなので、とりあえずここでは光束、光度、照度を説明いたします。光束というのは、光源から出てくる光を線の塊(まあ光線がいっぱい出てくるということですね)と考えて、それがどれほどの束になっているかということです。言いかえれば、見える範囲の光りの量ということです。ただこの量というのが曲者で、人間の眼にはなかなか分かりにくいものなんですね。人間の眼には、その後の光度と照度の方がわかりやすいものですから。

ちょっと段落を変えます。光度というのは言わば光源の強さがどれほどかということを表すものです。つまり、先ほどの光束、光の束がどれほどの角度で出て行っているかということですね。範囲が狭ければ同じ光の量でも光は強くなりますし、逆に範囲が広がれば光が弱まるということです。ライトにシェードを付けて、光が向く角度を変えてあげるとそれがよくわかるとおもいます。これが言わば光度の考え方です。

で、最後に照度ですが、読んで字のごとく「その地点での明るさがどうか」という尺度がこれに当たります。光度は光源の方ですが、照度は照らされた場所の方です。つまり全く正反対の場所になります。こちらは遠くになって光の束が少なくなりますから、当たる光の量が減りますね。故に遠くの場所は暗くなります。なかなかこのあたりを手短に説明するのは難しいのですが、光というものを見る上で、いろいろな観点から尺度を設定しないといけないということです。

今まではほぼ交流電流のみを扱う内容だったのですが、ここにきていきなり畑違いのものが出てきてビックリはしております。ただ日常的にも出てくる可能性の高い単位も含まれていますので、しっかり理解しておきたいところですね。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

何気に浸かっている珪藻土マット。その吸水性でちょっと話題になったのですが、1年も使っていますと吸水性が悪くなります。いや、注意はしていたんですが、やはり足が載ったりするとどうしても汚れが着いてしまい、だんだんと目詰まりして吸水性が悪くなるんです。ということでメンテしてやることにしました。

何をするかと言うと、要は汚れた表面を削り落とし、目詰まりしていない新しい表面を出してあげて吸水性を上げるということになります。さて下準備です。まずは紙やすりを用意します。実は1回、手持ちの紙やすりでちょっと前にやったんですが、400番と少々細かめのものでしたのであまりうまく削れませんでした。今回はその反省から、240番と少々粗目のものを購入してきました。
DSCN0579
DSCN0580
そしてさらにこれを4分割します。
DSCN0581
これで下準備終了です。大きさがこのくらいになるとちょうどいいんですね。

さて、珪藻土マットは、出来るだけ表面に誇りが付かないよう立てかけてあります。それでもダメになるんですけどね。
DSCN0582
寄ってみるとやっぱり汚れがありました。
DSCN0583
試しに水滴を落としてみましたが、吸わないのでそのまま黒く残っています。吸水されればスッと影が消えていきますので、やはり要やすり掛けになります。
DSCN0584
ということで作業開始。しばらく磨いていると削りかすがどんどん出てきます。
DSCN0585
それを乾いた布で拭き取り、新しい表面が削りかすで汚れないようにします。目が詰まらないようにするということです。作業すること5分、結構いい量の削りかすが出たところで終了。最後に濡れた足を乗せてみて吸水性が戻ったことを確認、最終的に作業完了となりました。

一度やっておけば最低半年は持ちますので、まあこういうのも面倒がらずにやってやると結構使えるグッズなんだなと改めて思いました。石膏みたいに硬くて重いので、保管と取り扱いはちょっと要注意なんですけどね。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

無線機がまた故障したので、再度サービスセンター送りになりました。前回は購入して間もなくファームウェアのバグによる不具合だったのですが、今回はソフトではなく明らかにハード。電源ジャックが接触不良になりました。様子を見ようにも中を開けられる状態ですらありません。ということで、前回は年末年始、今回はGW前という最悪の状況での修理依頼となりました。

実はクロネコさんに昨日配達予定のものがあったので、ついでに集荷してもらおうと思いネットで集荷依頼を事前にかけておきました。作業場が2階でチャイムが聞えないので、その旨ドライバーさんに事前連絡して到着次第携帯に一報入れてもらおうと思ったのですが、残念ながら走行中だったせいか連絡つかず。いつも午前11時前後に来ていますので、ちょっと前に一度電話を掛けたらこういう結果になりました。

ということで、もう少し時間を空けてということでと思っていましたら、思いのほか遅くなってしまって午前11時20分くらいになってしまいました。ただ幸いにも、自宅を離れて2,3分の距離とのことなので、戻って配達と集荷同時にしていただけることになりました。

購入したのは毎度のロキソニン大人買いセット。5箱いっぺんに買いだめしました。60錠分。これで1年は大丈夫。ロキソニンはネコポスだったので投函されていました。そしてもう1つは柱上安全帯。GW中にアンテナの整備をしようということで、かねてから購入を検討していたものです。電柱の上での作業は不安定ですから、柱上安全帯を使用して体を固定する必要がある訳です。ということで無事昨日到着したしました。

GW中の天気はあまりよくなさそうですが、天気と相談しながら作業をしていきたいと思います。購入してまだ設置していないアンテナがありますので、それを早く設置しないと。半年ほど放置してあることになりますので、それこそ早く活躍させてやりたいです。

↑このページのトップヘ