カテゴリ: 愚痴ですが、何か?

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

ちょっと意味深なタイトルを付けてしまい申し訳ありません。まあ私という人間が、恐らくは回りと溶け込めない故単独行動をしてしまい、それが長い時間をかけて癖になった、という感じだからでしょうね。いかなる場合も団体には所属しないのを常としています。

今まで、ラジコンやら自転車やら、お仲間さんと呼べるような人はいたんですよ。でもやっぱり思惑が必ずぶつかる。向こうは当然のこととして押し付けてくるんですが、いやいや私なそんなことはやりたくもないしやるつもりもないですよと。それも正当な理由を付けるんですがそういうことがなかなか通用しない。そういうケースが多かったんです。私は迷惑を掛けない範囲で、自分のやりたいようにやりたいということで自分の趣味を楽しんでいます。あれやれこれやれは大きなお世話何ですね、正直な話。まあそれをまともに言うと衝突しますからやんわりと受け流す訳ですけど、そんなのも疲れてきたりします。自転車関係はそういうのが多かったかな。そうでないケースも当然ありましたけどね。その前に自転車のグループではあからさまによそ者扱い、散々けなされました。某SNSですけどね。私は逆に誘われたクチですよ。もういいやと思いました。

そして今度は無線関係です。ライセンスフリー無線でどうやらバタバタしてるんです。そういうのが嫌で、アマチュア無線よりそういう点ですっきりしているライセンスフリー無線を始めたのに、これじゃ元の木阿弥です。結局同じじゃないかと。同じことを趣味としてやっていて、ある程度意見のすり合わせはしやすいはずなのに、お互いの主張を譲ろうとしない。歩み寄りという言葉を知らないかのごとく、ただただ意見をぶつけて自らの正当性を説く。そういう堅苦しいのがやっぱり受け付けられないので、こちらもある程度距離を取らせてもらおうかなと。茶化してばかりで正面から意見を言わない人もいますし。

正直、あまり交友関係は広げない方がいいんだろうなと改めて思った次第です。いや、広げても付き合いを深くすると後で面倒になりますから。さすがに繰り返せば学習はします、私でさえ。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

最近、ちょっと軽率な方が多いなという気がしてなりません。それは知り合いの中でもいるなあとつくづく思います。

温度差というか、はたまた沸点の差というのか。どうもいちいち人の神経を逆なでするようなことをサラッと言ってのけたりするんですね。いちいち気にしてたらやってられませんが、ただそういう思いをするたびに、「意外と他人のことはあんまり考えてなかったりするんだなあ」と、逆に冷静になったりもしますね。そんなもんだろうよと。

まあ、そのあたりあまり目くじらを立てずやりたいところですが、明らかに揶揄されているということについて、黙ってやり過ごすことはどうかと思うんですね。特に群馬県は揶揄の対象になりやすいので、私はそういう場合きちんと不快感を表明することにします。生まれ育って、言わば自分のアイデンティティーの一部を形成するのがここ群馬館林です。余りいい思い出がないとはいえ、自分の一部を揶揄されるのはやはりいい気分ではないですね。

恐らくそういうことを言われたことがないからこその話になるんでしょう。例えば東京など大都市は、あまりそうした対象にはなりませんね。圧倒的多数であり、揶揄の対象にはなり得ません。少数故の話ということです。

グンマ―との呼び名ですが、私は正直嬉しいとは決して思いません。そもそも「グンマー帝国」だの、県境の向こうは人が住んでいないだの、散々な言われ方をしてましたからね。その上でのグンマーですから。愛称として発生した呼び名なら様相が違ったでしょう。恐らく群馬県が県を挙げて、そんな愛称を売り込もうと思うでしょうが、そんなことには全くなってません。

これ、別々の知り合いからツイートでしれっと飛ばされましたから。ここ館林は県境の地でもあり、また、県庁所在地であればむしろさいたま市の方が近いという土地です。加えて館林市でも外れに住んでいる私は、もともと帰属意識が薄かったんです。それでもやっぱり生まれ育った土地に愛着を持ちたいと思い、こうしてレンタサイクル事業を細々と営み、地元に根付きたいと思った訳です。そういう思いが根こそぎぶっ潰される思いでしたから。

ちょっとしばらく気分が下がった状態になるでしょう。ただ、もちろんそんなことはこのブログをご覧になっている方には無関係ですから、できるだけ館林、そして多々良沼に関する内容をお送りできればと思っております。なかなかそう簡単に言っても出来ずにおりますが。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

さて、エントリーの内容は何にしようかななどと思案していたのですが、ふと気づいたことが。

な、何と、去年の初日の出のエントリー閲覧数が8もあったということです。

謎なんですね。なぜ今の時期に去年のものの閲覧があるのか。今年のやつはご覧いただけていないのかと。はい、自己嫌悪に陥りました。

去年は遅刻しただけに悔いが残りまくってたんです。今年はそれこそ、人が少ない中比較的きれいな初日の出を撮影できたので結構嬉しかったんですけどね。見てくれなかったのかと。(涙)

そうは言っても、これもネタになりますから。(笑)正直何がしかのネタを探してくるのって、結構きついんですよ。もう無理くりというレベルです。そうなると、どうしても趣味関係になってしまいがちですね。読んでいる方には大変申し訳ないなと思うのですが。

まだ世間さまは休暇中ということですね。1月7日から営業開始という企業が多い中、一応開店休業中に見えてシクロツーリズムたたらは営業中です。恐れ入りますが事前にご連絡下さい。無くても対応できなくはないですが、ロスタイムが多くなってしまい、大切な滞在時間を短くしてしまう恐れがあります。ご注意ください。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

どうやらツイッター界隈では、こんなのがバズってるようです。


国際信州学院大学HP

まあ手が込んでますね、このページ。はい、もちろんこの学校は架空のものです。一見見間違えるほどよくできているのですが、まず怪しいところは

国際を謳う大学がなぜフランス語推しなのか

です。普通は英語ですよね。フランス語は確かに国連の公用語としての地位もありますし、郵便ではやはり圧倒的に使用されます。現に、航空便は朱書きでAIR MAILと英語で書くこともできますが、同時にフランス語でもPAR AVIONと書くこともできるんです。ただそれだけの話。私もここで随分愚痴っておりますが、フランス語が出来て得したことと言えば、パン屋とケーキ屋で書いてあることが読める程度の話です。少なくとも国際という話題で出てくる言語ではないということです。

ついでに申せば、ページ右上のバナー、「為せばなる、為さなくてもなるようになる」もとても香ばしい表現ですし、加えて"Les chose sur cette page sont fictives."とあるように、「このページの内容は虚構です。」と明記してあります。ここまで来て「あ、ジョークなんだな」とわからないとダメなんです。相手の言い分からしたら、「え?フランス語で書いてありますけど何か?」で終わり。翻訳ソフトにでも入れたら意味わかるでしょうで済まされます。それをやらない人が多くて、随分釣られてしまったみたいですね。ご愁傷様です。この時ばかりは、己のフランス語を褒めてやりたくなりましたよ。伊達に仏検の準1級まで頑張ったんじゃないぞと。

そしてこちらはうどんや蛞蝓亭のツイッターアカウントです。

うどんや 蛞蝓亭


先の国際信州学院大学に絡めてのツイートが多く出ていますが、まあこれも一種の戯れです。にもかかわらず、50人予約キャンセルだのいろいろお騒がせな内容が書かれていて、またこれに釣られてしまう方が大勢いらっしゃったんですね。国際信州学院大学っていう学校はちょっと前から変だよなと噂になっていましたから、この校名を聞いたところでおかしいと思わないといけません。また、いきなり校名を出しての苦情はあり得ませんよね。

思うに、これはネットリテラシーだけの問題ではないと。日本人の語学に対する鈍感さがいかほどなものであるかということが、実は明るみに出たのではないかと。この国は、英語英語と随分騒ぎ立てて、英語に関してはいろいろ取り組みますね。ただ他の外国語はどうでしょうか。フランス語やドイツ語はどこで学べるか。恐らくここ群馬館林のような場所ですと、NHKの語学講座ということになります。奇遇にも、館林にはフランス語の教室があるそうですが。

PETITE USINE

とにかく英語は独学でどんどん進められる環境が整っていて、至る所でその能力を試される場があります。がしかし・・・・・。その他の言葉はというと、残念ながらそういう機会すらありませんね。敢えて言えば、中国語はまだ需要があるというところでしょうか。中国への進出企業は当然でしょう。それでも通訳翻訳は、現地中国人従業員の語学能力に頼るということですから、やはり相当な語学アレルギーなんでしょうね、日本人って。

さて、私は資格試験がひと段落したところで、また語学を始めますよ。フランス語は教材次第ですが、ドイツ語は少し気合入れてやりたいですね。それとスペイン語も。あ、ロシア語はちょっとおいておきます。余りにもなじみがなさ過ぎて一度挫折しておりますので。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

やっと届きものがありました。まずはこちら。
DSCN0614
まさかの連休前故障。連休だからこその稼働が出来なかったのは悲しかったですね。まあその分気分を切り替えて資格試験の学習と他のトランシーバーでの楽しみ方にシフトした形で何とか乗り切りました。ちょっと天気に恵まれなかったおかげで、デジタル簡易無線もあまり楽しむことができませんでした。アンテナは設置してあるのにケーブルがダメでしたからね。そちらもやっとこさ交換して使用の目途が付きました。

さて2つ目はこちらです。ヤフオクです。
DSCN0615
3冊とも古い書籍になりますが、3冊合わせて3400円とお買得の値段。相場では1冊3000円程度の値段が付いておりますので、お買い得だったかなと。確かに状態は最高という訳ではありませんが、ページの欠けがないというのは大きな収穫です。こちらは未開封のまま保存用という形にしたいと考えております。この「よく飛ぶ紙飛行機集第1~7集」は、紙飛行機を騙るうえで非常に重要な内容を含んでおりますので、やはり手元に置いておきたいところです。ただあまりお金をかけられる訳ではありませんから、ほどほどにしたいとは考えております。

連休の不完全燃焼を、今後完全燃焼に替えるべくいろいろやってやりたいと思います。

↑このページのトップヘ