カテゴリ: 電車を楽しむ

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

こう申しましても、消費者金融のことではありません。田舎の公共交通機関のことです。特にコミュニティーバスという類のものは要注意です。

ちょいとやけどをしてしまいまして、皮膚科のお医者さんに通院することになったのですが、昨日がその2回目だった訳です。自転車通勤ですからお医者さんまでは自転車で行く訳ですが、さて帰りはどうしようかということになります。

恐らく雨が強くなっているだろうから、輪行でバス利用、館林駅まで行ってわざわざまた東武線で1駅などということをたくらんでおりましたが、診療が長引いてしまいそのバスでさえ最終便を逃してしまいました。さてどうしようとなりますが、輪行袋はびしょびしょですからタクシーに乗せて行く訳にはいきませんね。

結果はどうか。仕方ないので途中まで歩きました。自宅近くまで、具体的には日向橋のたもとまで来て雨足が弱くなっているのを確認したので、近くにある休憩所で自転車を再組立て、自走で帰宅と相成りました。あの時バスに間に合ってさえいれば、と悔やまれます。相当計画を練っていかないと、田舎の公共交通機関利用は厳しいというのを身を以て体験することとなりました。次回はもっと気を付けます。 

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

さて昨日はあいにくの雨となってしまいました。桜の散花もかなりこれで進んでしまった感がありますが、まあたまには雨もいいもんです。傘をさして何気に歩くのを楽しむ。そして途中まで電車に乗る。たまにこういうことがあると、たった2駅の電車旅もとても愛しく思えます。

帰路も雨だったので、水たまりを避けながら駅までの道のりを楽しみました。成島駅に着くと、間もなく館林行きの電車がホームに入ってきました。そそくさと乗り込んで館林駅へ。ホームに降り立ってしばらくして、ふと小腹がすいていたので2番線ホームに移動して買い物を。そこでこんなものを見つけ、衝動買いしてしまいました。

P1000003

最寄駅である、多々良駅駅案内板のキーホルダーです。たたらを名乗るものとしては、やはりこれは必須アイテムだと思いました。館林駅の売店で販売しておりますので、機会があれば是非ご購入下さい。近隣の駅のもののみになりますが、なかなかレアだと思いますよ。
 

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

どうも今日はあまり天気がよくならないようです。もちろん北関東のお話ですが。となると自転車は諦めて電車通勤となる訳ですが、またそれはそれで楽しいんですね。2駅の電車通勤。ご丁寧に途中の乗り換えまである。そんなことが出来てしまう館林という街が好きですね。乗り物フェチにはたまらん街だったりします。

途中悪路があったりしますが、その水たまりを長靴で進んでいくというのもまた面白いですね。子供の頃よく長靴を履いて水たまりにわざと入るようなことをしてましたが、根がお子様なので50近くになっても相変わらずそんなことをしております。

まあ、何事にも下ばかり見たところで生まれるものが少ないですから。上見てた方が生まれるものが多いです。とは言っても、無理やりというのはあまりよろしくないですね。つぶれちゃいますから。

さて今日もお仕事がんばります。 

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

昨日は雨でした。となると通勤は自転車から自動的に電車に切り替わります。伊勢崎線で館林まで一駅、そして小泉線に乗り換えて成島まで一駅という、まあ酔狂としか言えない電車通勤をしている訳ですが、こののんびりとした時間の流れが私にとっては癒しそのものなんです。電車で走っている時間より、電車の待ち時間の方が長いという不条理。でもそれがよかったりします。だからと言って遅刻する訳でもないですし。

帰路の途中ですが、何気に見上げた木が桜の木でした。で、ピンク色のものが付いていたので何だろうとよく見てみると、なんと華が咲いていたのでした。こういうのは歩いていないと意外と気づかないものです。自転車であっても、ある程度の速度があるので見過ごすことがほとんどでしょう。

 ところで以前も少しお話したと思いますが、ここ館林という街は、何気に電車の使い勝手がとてもいい街です。特急で東京スカイツリーまで1本で行けますし、市内移動はもちろん隣接市町村にも結構便利に使いこなせます。コミュニティーバスが走っていますが、電車の方が使い勝手は数段上です。クルマという圧倒的に便利な手段に慣れてしまうと、便利という定義をどんどん狭めてしまいますね。こうでないと便利とは言わないと、さらに上のレベルを求めます。コンビニの24時間営業じゃあるまいし、そんなに高望みする必要があるのかとさえ思います。電車なんか、1時間に2本走っていれば全然平気。待ち時間は本を読むなり動画を閲覧するなり、いろいろ活用方法はあるはずですから。

それにしても、私ほど電車と自転車を組み合わせて、しっかりとした移動手段にしている人もいないのではと偉そうに言ってしまいます。都内輪行などでつくづくその便利さを体験しています。そこに来て、こんな小さい街で電車が結構使える。電車と自転車を切り離しても使い勝手がそれほど下がらないという稀有な環境を、今後ももっと楽しみたいですね。 

↑このページのトップヘ