カテゴリ: お天気を少々

シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。今日は公開時間設定の手違いがあり、エントリー公開が遅くなってしまいました。申し訳ありません。

ところで、とうとうお盆入りということになりましたが、どうやら既に帰省からの帰宅ラッシュが始まっているようですね。まあクルマなんかで移動するからでしょうと冷めた目で見てしまうのですが、どっぷり渋滞にはまった皆様に置かれましては、ご愁傷さまとしか申し上げられません。いや、飛行機も新幹線も同じだと仰る方もいらっしゃいますが、ちょっと不便な方法を選べば意外と席は空いてたりします。飛行機は成田発着を選ぶ人も結構いるようですね。安くて空いているからとのこと。まあ成田いくんかよというところが問題ではあると思いますが。

おっと前置きが長くなりました。このところ関東地方、台風14号の影響を微妙に受けているせいかあまり天気がいいという感じではありません。昨日は終日曇りで、当然雨も降りましたし雷鳴もありました。ただ特に夏に体調が悪くなることが多いんですが、昨日みたいな低温高湿という状況が一番なんですね。エアコンは弱めでいいんですが、私の場合の問題は気圧。低くなると必ずどこか悲鳴を上げだします。ひょっとしたら肩甲骨の痛みもそうじゃないかなと思うほど。まあ原因は正直わかってませんが、低気圧が通過する際に大抵体調を崩します。

それがですね、山に登ってもそれは全然問題ないんです。じゃあ気圧じゃないじゃないかと言われてしまいますが、確実に天気との相関性はあります。そりゃ私だって訳を知りたいです。富士山上っても全然高山病の兆候すら全くなかったのに、ちょっと天気が悪いくらいで体調崩すんですから。もちろん8/4の谷川岳、標高は1500mあたりにいたことになりますが、全くダメージは受けてませんでした。帰路の電車混雑には相当体力奪われましたけど。

何か栄養素でも不足してるのかと思うほどですが、特に食事内容も変わってませんからね。黙って低気圧が過ぎ去ってくれるのを待つしかないという感じです。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

台風13号の関東地方上陸が話題になっておりますが、現段階(8日午後10時)ではまだ太平洋の房総沖にあります。どうやら関東地方直撃は避けられそうですが、特に風が強くなりそれに伴う被害には注意が必要のようです。台風の東側は風雨が強くなりますが、幸いというか西側になりますので特に雨はそれほど降らないのではと思っています。昨日の午後ですが、晴れ間すら見られました。
DSCN1286
DSCN1287
ただ、夜になって一時雨が降りましたので、当然油断はできません。こうして雲が切れることはありますが、すぐに雲に覆われることにもなりますので、少なくとも暴風圏から抜け出すまでは気が抜けませんね。

そして、台風一過となると、今度はまたあの暑さが戻ってきます。東海から西の地方はずっと暑いままだそうですが、この気温差がかなり体力を奪うんですね。水分塩分の補給を確保するのは当然ですが、睡眠不足等体力を奪うことは出来るだけ回避したいと思います。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

台風13号シャンシャンですが、どうやら今日の夕方以降に本州上陸のようですね。今度こそはどうも関東地方らしいです。ここ群馬館林、渡良瀬利根の2つの川に挟まれていることもあり、かつては水害に悩まされた土地でありました。あの足尾鉱毒事件の幕引きのために造成された渡良瀬遊水地のおかげもあって、ここ最近は目立った水害がありません。ただ、豪雨は昔と違ってちょっと現実離れしているところがありますから、もちろんのこと油断はならないということです。

このエントリーをかいている今は7日午後9時ですが、かなり強い雨が降っています。既に台風の雨雲がかかり始めているということですので、断続的ながらもかなりの降水量が見込まれます。風よりもむしろ心配なのは雨量ですね。圧倒的に被害が大きくなりますので。

今日明日はなるべく外出を控えた方がいいということになりますね。クルマでさえ、多量の水には無力ですし、電気系統などのショートはとても危険です。ご用心いただければと思います。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

台風は伊勢市で上陸、そのまま西に進路を取って進み、29日午後9時現在で久留米市あたりを移動中とのことです。ここにきて迷走の度合いを高めてしまったため、被害が大きくなる恐れがあります。特に熊本は大きな地震で被害が出た場所。早く抜けていただきたいと思いつつ、出来れば傷に塩を塗るようなことにならないよう祈念しております。

予想通りと言いましょうか、台風の目からは随分離れた関東地方ですが、土日併せて結構な雨に見舞われました。断続的に降るものですから、ちょっと油断してタイミングがずれてしまうと、傘を持参していることすら無駄になりかねない状況でした。台風の時に注意すべきは、風もさることながら昨日のエントリーでも書かせていただいた雨ですね。大雨は当然のこと、少量の降雨についても、断続的に降るということを頭に入れた行動は必要ということになります。短時間に集中しますから、絶対的雨量は少なくとも振り方は土砂降りということもあり得ます。視界が悪くなるということは、当然ですが対自動車事故の危険性も増えるということになります。確かに風についても、ものが飛んできてぶつかるという危険性はあります。ただ看板などが飛ぶためには相当の風力が必要ですし、現実的には雨による視界不良という方が危険性としては大きいということになります。

あ、それとこれはお願いなのですが、傘をさしての自転車運転、これだけは絶対におやめください。いまだに、ハンドルに傘を固定する治具を使って、「これは傘を手で持ってないから違法じゃない」と言い張る方がいらっしゃいますが、道交法というよりは各都道府県ごとに定められた道交法の施行細則に違反という形になります。あ、詳細はこちらのリンクをご覧ください。弁護士先生が詳しくご説明してくれます。

傘差し運転は違法行為です。

事故の危険性という観点から言わせていただければ、傘をさすことで空気抵抗が増え、その分風の影響を受けやすくなります。また重心も上に上がってしまうため、さらに不安定になりちょっとしたはずみで転倒しやすくなります。自転車の運転手は前方の視界が悪くなり、事故の事前回避もしにくくなります。ここまで危険要素が重なっているにも拘らずまだ続けるという方は、それこそご自身で事故に遭われて痛い目に合わないとお分かりにならないということですね。仕方ありません。予防とは事前察知による対策ですから、その事前察知を放棄して憚らない方には説明が無用になってしまいます。

少なくともこのブログをご覧になっている方々は、危険性に対してのご理解があると信じております。出来れば雨天時の自転車運転は避けていただき、やむを得ない場合は、道交法遵守は当然のこと、常に安全を確認しながらの慎重な運転をお願い申し上げます。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

恐らくこのブログが公開される午前7時ごろには、既に台風12号は上陸していることでしょう。かなり強力な台風は、やはりそれ相応の被害を残していくのかと危惧されますが、先の大雨で培った知恵を十分生かし、進路及びその付近の方々の安全を祈念して止みません。

さて、強烈な低気圧がいわゆる台風な訳ですが、とにかく気圧が下がると私は体調も悪くなるので、本当に普段から注意していないといけないなと尚更思います。避難の際、体力が落ちていて周りの人に迷惑をかけないか、そんなことばかり考えております。そして、実際体調が悪いというか、いろいろ呼称が出てきてしまっている状態です。

まずいきなり肩甲骨あたりの凝りというか、寝違えたのではないかと思うような痛みが走りました。低周波治療器でなんとか収まってきましたが、今度は左肘が。原因がはっきりしておりませんので断言はできませんが、当然何かしらの影響を受けているからこそこんな状態になっているんだろうと思わざるを得ません。

とにかく外出すらも憚られる状況ですので、ただただ養生に専念すべきところですが、改めて不測の事態に対応できるか不安になっております。普段から注意していたつもりではありましたが、己の至らなさを再認識しております。

↑このページのトップヘ