カテゴリ: ようつべ

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

M-1が熱いですね。って、私は全然興味ないんですが、それでもある芸人さんの一言で随分燃え上がってるようです。ということで、たまたまYoutubeのお勧めに出てきた動画がありましたので貼らせていただきます。



私はこの方存じないのですが、一応審査員だったですね。ただそれにしても、余りにも感情的な言葉が多過ぎてみていられません。審査って感情で行うものじゃないと私は思ってましたから。と思いきや、ご本人がリツイートされた先にあったブログは正反対の論評でした。

志らく師匠による審査についての論評です。

両方を比較されて、どちらの方が説得力があるでしょうか。個人的には後者だなと言わざるを得ません。内容にもありますが、志らく師匠の立ち位置は全くぶれていません。彼は漫才師としてではなく、落語家として審査員を受けた。つまり、ご自身をよそ者と認識したうえで言葉を選んでギリギリの線を行った。なるほど。そうなれば納得しますね。そりゃ最初から漫才師に同化した立場の人とは違うこと言うがなと。

ぴょこたんという方の悪口を言う訳ではないですが、感情をぶつけてこられても不快感しかないんです。感情をぶつけるということは、相手のことを半ば無視しないとできないことだからです。なじみの視聴者はそんなことないんでしょうが。主観に感情をぶつけた言葉を、一体どれほどの人が受け留められるか。いい加減にしてくれって思う人が大半じゃないかと。だったら説得力のある言葉を、簡単な言葉で行ってくれないかな、とならないでしょうか。私はそれこそ、そんなものをずっと探してるのかなと思うこともあるほどです。

いや、ツイッターでも志らく師匠フォローしてますけど、ますますシビれますね、口から出てくる言葉の切れ味に。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

つい最近、軽自動車のポテンシャルの高さをここに書かせていただきましたが、そう言えばこの車の言及がなかったなと気付きました。



今年発売になった新型ジムニーです。かつて私も、550㏄の最終型となるJA71型のパノラミックルーフに乗っておりました。確かに悪路でのポテンシャルは高過ぎるほどのものでしたが、さすがに高速走行は地獄でした。時速80kmで既に騒音振動地獄。なので、出向が決まり地元に戻る際、広島から群馬までジムニーで走りましたが、時間はかかっても絶対に下道を通ると決めたくらいです。岐阜の中津川から長野を北上、内山峠から群馬県入りというルートでしたが、そうした険しい道の方が却って楽に感じられたほどです。当然丸々2日ほどかけて走破となりました。

そういうこともあって、やはりもう一度乗ってみたいという気持ちはあるんですね。ただ気になるのは高速道路走行中の快適性。Youtubeで色々探したんですが、市街地のインプレッションはあっても高速道路のがないんですね。いや、1500㏄のシエラならあるんですが、660㏄の方がない。いやそこ大事なところでしょって突っ込みたいんですが。

ただ、実際は軽トラの方が優先されるんでしょうね。荷物が乗って実用的な方はとなると、私にとって軽トラに勝るものはありませんから。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

さて、私はリカンベントという自転車に乗っていますが、こと3輪のトライクは乗る条件を選びます。そもそも輪行の手間が大変だというのもありますが、道幅だったり特に住宅地の多い場所は走りにくいというのはありますね。ただ楽しいことは楽しいですよ。車高が低いのでちょっとしたレーサー気分を味わえます。

私が乗っているのは、これと同じタイプでカラーはグリーンになります。走行中のイメージはこちらの動画をご覧くださいね。

さて本題です。そう言えばちょっと買い物にという時に、やっぱりエンジン付きの乗り物はいいな、などと思うことがあるんです。理想を言えばバイクなんですけど、免許持ってないんでどうするか、菜てたまに考えたりします。で、そんなときにこんな乗り物と出会ってしまいました。

Campagna MotorsのT-REXというトライクです。スタイルは私の乗っているトライク(タドポールトライク)と同じですが、エンジン付きのものはリバーストライクというそうですね。トライクは通常前1輪後2輪というのがその理由だと察しますが、ちなみに自転車ではデルタトライクと言います。タイトルには、あまり自転車では利点がないと申し上げました。ならばエンジン付きならどうなのかと言われてしまいますね。実は結構利点があったりします。

このトライクですが、扱いとしては側車付2輪車、つまりサイドカー付きのオートバイと同じものになります。そうなると一体何がいいのかということですが、2輪車の免許を持たなくとも、普通免許で運転が出来るということなんです。ちなみにヘルメット着用義務もありません。オープンカーと違って頭上の保護が手薄になっていますから、まあヘルメットはかぶったほうがいいでしょうね。T-REXは1600ccのエンジンなのですが、これが250cc未満のエンジンですと車検すらなくなります。ただ保険などの区分が面倒になるんですけどね。ということで詳細はこちらのリンクを。

トライクの法的扱い

雨天時の使い勝手を考えると、やはりオートバイの域を出ませんね。しかもT-REXは定価で750万円ほどしますので、なかなか手の出る代物ではありません。結局は現実離れ手してしまいますが、どこかメーカーさんで250cc未満のエンジンで安価につくってくれないかなあともいます。いや実はあるんですけど、ちょっとスペック的にこれではダメでしょう問うものだったものですから。

おはようございます。シクロツーリズムたたら 代表のTakahiroです。

最近動物動画にハマっていて、Youtubeでは断トツの割合となっております。中でもこれはヘビロテしていると言っていいほどの動画です。今まで何回視聴したかわからないほどです。



この動物、一体何だと思います?パッと見では犬とかキツネみたいに思われるのではないでしょうか。動画のタイトルをご覧いただくと、思い切りbatと出てきますのでお分かりと思いますが、コウモリです。ただ、なじみのあるココウモリではなく、主にフルーツを食べるオオコウモリという種類で、別名空飛ぶキツネとも呼ばれます。ココウモリは音波を頼りに飛行しますから耳が大きいんですが、オオコウモリは目で見て飛行しますから目が大きいんです。ご覧の通りクリックリです。

まあこの愛くるしさに瞬殺だった訳ですね。だってコウモリってこんなにかわいいと思いませんでしたし、ましてや人間に甘えて来るなんてイヌやネコだってそうそうないでしょうと。このコウモリくん、甘えて撫でられて喜んでるんですね。何か羨ましいなあと思いました。

ただ一番最後にこういう文言があります。

ワクチン接種及び訓練を受けていない場合はコウモリを扱わないこと。命取りとなるウィルスを持つコウモリもいます。赤ちゃんコウモリでさえ噛まれたりひっかかれたりすることがあります。

実はこのことは以前より知っておりました。なので、軽々しくペットにしたいなどと言えないなあと常々思っていた次第です。ですから尚更動画にハマった訳ですね。猫動画も大概よく閲覧しておりますが、それを抜く勢いなのがこのコウモリ動画です。

ホント、顔を見るだけでは本当にかわいいです。羽を広げるとちょっと印象変わりますけどね。

↑このページのトップヘ